読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小沢健二『我ら、時』

f:id:ongakudaisukiclub:20140408234450j:plain

ようやく聴けた。小沢健二が2010年に行ったツアー「ひふみよ」のライブアルバム。

通常盤がリリースされたおかげで聴くことができた。15000円で販売された時はさすがに手が出なかったけど、通常盤なら大丈夫。気軽に小沢健二の音楽が聴けることがたまらなくうれしい。

というのも、僕は「ひふみよ」ツアーの時に参加を躊躇してしまったからだ。2010年当時、もちろん僕はいちリスナーとして『LIFE』を後から聴いていたし、好きな曲もあった。そしてできることならライブを観たいと思っていた。

しかしあの「ひふみよ」は、僕のような新参のファンが気軽に行ける場所ではない気がした。「きっと次の機会がある!」そんなふうに考えていたのだけど、まさかその後フェスには参戦せず、ツアーもせず、アルバムはおろかシングルさえ出ないような事態になるとは。いくらなんでもマイペースすぎるよ!

だからあの時の熱狂の、そのほんの一部でも追体験できるのが本当にうれしい。「笑っていいとも!」でタモリに歌を捧げる姿がお茶の間に放送され、そしてこうやってライブアルバムがCD屋さんで売られている。もう3ヶ月も過ぎちゃったけど、2014年は幸先いいね!

「ぼくらが旅に出る理由」の歓声がすごい。確かこのタイミングでライトが点いたんだよね。客席の興奮が伝わってくる。「今夜はブギーバック」のイントロだけで泣きそうになる。スチャダラパーが出てきて実際に泣いてしまった。

やっと小沢健二が僕らの前に戻ってきてた。レジェンドの扱いは似合わない。小沢健二の音楽は普通に街中で鳴っていてほしい。

 

 

ぴっち(@pitti2210