読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の人生と音楽

こんにちは!えにーです。

グダグダと私の人生と音楽との関わりを書いていきたいと思います。

【乳児期から幼児期】童謡とクラシック、ディズニーをエンドレスリピート

ディズニー音楽やら子どものためのクラシック、童謡をカーステレオで聴かせられてました。クラシックと童謡は正直いって苦痛でした。慎吾ママとかだんご3兄弟が流行った時期がまさにそれくらいで(ジェネレーションギャップを感じられた方は申し訳ごさいません)、車の中でノリノリで弟と2人歌ってました。 

だんご3兄弟

だんご3兄弟

 

ここの時点で音楽が好きだったとは思えないのです。

【小学校高学年くらい】お小遣いでCDを買い始める。そしてはじめてハマったものとは…。

お小遣いをもらい、CDを買い始めました。初めて買ったCDは「青春アミーゴ」でした。そして気にいったドラマの主題歌のシングルを買い集め始めました。

青春アミーゴ (通常盤)

青春アミーゴ (通常盤)

 

私がその頃ハマったドラマに『救命病棟24時』というのがありました。主題歌はDREAMS COME TRUEですごい素敵だなと思ったのです。そして本当になけなしのお金を振り絞ってアルバムを購入しました。

何度でも

何度でも

 

音楽で泣くってこういうことなんだなぁって思いながら号泣しました。一気にドリカムに惹かれました。

【中学生から高校1年生まで】ドリカムにハマる。そしてWho the Bitchとの出会い。

ホントにドリカムファンになってました。3年間くらいでいくら使ったかは正直考えたくもないです…(あの時の金銭感覚を恐ろしく思います)。

高校1年くらいでドリカムのラジオに当時ドリカムのお二人が社長をしているレーベルに所属していたWho the Bitchが出てて、最初はうるさい音楽だなと思ってましたが何かに惹かれたらしくいつの間に少し気になる存在になってました。

ミラクルファイト de GO! GO! GO!

ミラクルファイト de GO! GO! GO!

 
【高校2年の春】ロックに目覚める。

ある日ふとWho the Bitchのライブに行ってみたいと思い、思いきってライブのチケットをとってしまいました。その当時Twitterというものをはじめて楽しくて仕方がなくてしかもバンドマンさん達(特にWho the Bitchのメンバーだったyatchさん)が気軽に返信をくれると知って歓喜してました。

服装とかバンドマンさんに教えてもらいながらいざライブへ行きました。モッシュとダイブの嵐で死ぬかと思いましたが、それがすごく楽しく感じて一気にロックに目覚めました。

実はこの時期から部活でトラブルに巻き込まれるようになり、精神的に衰弱していっていました。

【高校2年の秋】精神崩壊からの音楽で復活。

後輩たちがボロボロと抜ける中、誰に話しても私がほとんど悪くない状況にも関わらず、私は部活を教師たちによって辞めさせられました。大好きだった部活を辞めなければならなくなった私は気力を失っていました。本当に死んでしまいたくなって駅で電車をみているとこのまま飛びこんでしまおうかなと思うレベルでした。

あまりに酷い精神状態だったのである人がライブに連れ出してくれました。その時、yatchさんの無言の優しさに救われました。

そのあと12月にはScars BoroughのMARCHさんにもWho the Bitchのehiちゃんにも助けてもらって何とか現世にとどまることができました。ライブハウスの音楽がなければ今私が女子大生となりこうしてブログを書くなんてことはなかったと思います。

Stroke

Stroke

 
 【今】活動範囲が広がりすぎてわけがわからなくなっている。

もう正直次のライブ参戦が誰のライブでいつだかわかっていません。忙しすぎて木曜日だと思ってたライブが土曜日だったりとか…。あと新譜も追いかけきれてないです。受験期に出たものも欲しいし、今出てるのも欲しいし…。

音楽と私の人生との関わりはこんな感じです。今度はマトモなことを書きたいです…(書けるの?)

 

 

えにー(@Tricky_Pink