読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私立恵比寿中学 - 転校はさよならじゃない

こんにちは。夢です。4月15日、私立恵比寿中学「今、君がここにいる」合同出発式、日本武道館のライブビューイングに行ってきました。

今回の公演は「合同出発式」と銘打たれているように、瑞季杏野なつ鈴木裕乃の三人のメンバーの転校(脱退)、そして転入生(新規メンバー)の加入から初の公演という、これからのエビ中にとって大切な一日でした。私はライトなエビ中のファンですが、それでも9人のエビ中を応援してきて、私の推しメンであり転校してしまう裕乃さんの卒業を見届けたいという思いのもと、今回の公演から私なりに感じたことを書きました。お手柔らかによろしくお願いします…。

 

長くなりましたが本題へ。

ライブビューイングは初めてだったのですが、いざライブが始まると歓声やコールが鳴り響き、驚いてふと席を見渡すと会場内には無数の輝くサイリウムが。ファミリーの愛と熱意をひしひしと感じました。

オープニングは1stの映像をモチーフにしたVTRが流れます。メンバー達の成長を感じ、しみじみと見入りました。最後には新規メンバーも登場し「これから」のエビ中を意識させられます。これが終わるとともに「ebiture」が流れ本人たちが登場!衣装は白地に赤チェックのリボンやライン、彼女達の出席番号が入ったワンピースでした。これは一番最初の制服衣装をモチーフにしていたそうです。

f:id:ongakudaisukiclub:20140417223521j:plain*1

 「放課後ゲタ箱ロッケンロールMX」ではなっちゃん杏野なつ)の「お前らもう泣いてんじゃねーだろうな!これからまだまだ楽しむぞ、9人のエビ中ここにあり!」の台詞に泣きそうになりました。「禁断のカルマ」「Another Day」「I’m your MANAGER!!!」「頑張ってる途中」「梅」「未確認中学生X」「スターダストライト」などを含め18曲を披露。ここでVTRを挟みます。

「手をつなごう」をBGMに、メジャーデビュー以前の映像や、転校をメンバーに伝える場面の映像も。抱き合い泣きじゃくるメンバー達を見て、思わずこちらも涙ぐみました。メンバー交代も何度かあったけれど、そのたびに成長してここまできたグループだと思います。初期メンバーの瑞季から、同じく唯一残った初期メンバーである真山りかに告げた「引っ張ってね」の言葉には涙が止まりませんでした。

VTRが終わり、あやか(安本彩花)のソロ曲「またあえるかな」。あやかの優しい歌声と

《またあえるかな いつまでもずっとこうしていたいな》

という歌詞が沁み入ります。

 

転校する3人からのメッセージでは、なっちゃんの「素直になれなかったけど、応援してくれたみんなのことは家族のように思っている」という言葉と、瑞季の「私立恵比寿中学、出席番号1番は永遠に欠番です!」という言葉に涙しました。裕乃さんは言い間違いをしてしまったり自分の好きな枝豆の話を持ち出したり、しんみりしていた会場内に少し笑いをもたらしましたが、枝豆の話を自分に例え、温かいエビ中から外の世界に踏み出していくとの決意を話しました。今回の公演でもやった「フレ!フレ!サイリウム」という曲にある

《マイペースで不器用な 私を信じてください》

という歌詞が、この裕乃さんに歌われることがこんなに心に響いたのは初めてで、そしてこれが最後なんだなと思うとまた泣けてきました。

 

ここでサプライズ。現メンバーから転校するメンバーへ向けて、たむらぱん描き下ろしの「Dear Dear Dear」を披露します。泣きじゃくりながらも歌う姿に心打たれました。

最後の曲は「えびぞりダイアモンド!!」。「転校はさよならじゃないんだよ」といった台詞にぐっときたりもしたけれど、最後まで楽しくやろう!笑って終わろう!という彼女達の強い意識を感じました。「仮契約のシンデレラ」での冒頭でのなっちゃんと裕乃さんの台詞では、ふたりが笑顔で楽しそうで本当にこちらまで楽しくなりました。

アンコールでは新規メンバーの歌穂・莉子も登場し、最後に発表された夏の野外公演に向けての意気込みを述べ、改めて、これは「卒業式」じゃなくて「出発式」なんだ、エビ中はこれからも続いていくんだということを感じました。

 

今回公演を見ていて感じたのが、残るメンバー達がとても頼もしくみえたことです。みんな歌唱力が安定して上がってきたなとも感じたし、唯一の初期メンバー真山りかは、ステージ上ではほとんど泣きじゃくったりせず笑って進行をつとめていたし、ぁぃぁぃ(廣田あいか)は歌、ダンス、MCすべてにおいてプロ意識がすさまじいし、みれい(星名美怜)やあやかは自分のキャラクターの芯がぶれないし、りななん(松野莉奈)やひなた(柏木ひなた)も新規メンバーが入ることで、末っ子という位置付けから成長していくのではないかなと思います。

卒業した瑞季からの「りかとみれいについていってほしい」という言葉を抱いて、強く前へと進んでほしいと思います。新しく8人で踏み出すエビ中がどんな風になるのか不安もありますが、こんな頼もしい子たちがいるならきっと大丈夫だと信じて応援していきたいです。

 

 

夢(@MissTraum