終電

「新しく誰かを好きになれる気が全然しないまま、2年の歳月が流れた。一生、このままだったらどうしよう?」みたいな、我ながらぬるい相談メールを女友達に出した日曜日の朝。

なんか返信がくるまえに、彼女の回答は想像がついてるんだけどね。「あなたのことを好きそうな男性は周りにいないの?あなたもその人のこと、嫌いじゃなくて、生理的に無理じゃなければ、とりあえずやっちゃえ!」とかね。昔からそーゆー人なのだ。

無理だよ!とりあえずってなんなんだよ!という煮えきらない私とは正反対の人。自分とは全然違うから、私は彼女のことが好きなんだろうね。

そんな今日も、新しい音楽に出会って、好きになることは、自然に起こってる。昨日からずっと、アカシックの終電聴いてる。もう大好き。東京事変の群青日和と同じぐらい好き。

アカシック「終電」

シルクラボのエロメン、一徹さんて、普通にイケメンだけど、今まで好きだと思ったことは一度もなかった。しかし、アカシックの終電のMVに出てくる一徹さんには、ハッとしてグッときた!メガネ姿が特に!

あとこのMV中に、フリッパーズギターのパステルズバッジのMVのオマージュか?的な電車のシートにギターを抱え、男子ふたりが並んで座る場面があるのも楽しい!パステルズバッジでの小沢くんと小山田くんが、アカシックの終電では、エロメンの一徹さんたちになってるよ。

FLIPPER'S GUITAR「GOODBYE OUR PASTELS BADGE」

監督は誰かと思ったら、AVレーベルの方なのね。恋したくなる、本当に素敵なMVだよ。

音楽をいつの間にか自然に、あるいは突然の雷に打たれたように好きになるみたいに、そのうち誰かを好きになりたい!

 

 

ジュリア(@Julia0721