読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本日レンタルしたCD

みなさん、初めまして!Dと申します。

このクラブが発足した当初からずっと傍観をしてましたが、みなさんの熱い文章に心動かされ、この度参加させていただくことを決意しました。今後ともよろしくお願いします。

最初の投稿ということで、私の音楽の好みを知っていただくという意味も込めて、本日某レンタルショップで借りてきたCDをさらしたいと思います。

では早速。まず1枚目は、真空メロウの『ぞうの王様』です。

真空メロウ『ぞうの王様』

f:id:ongakudaisukiclub:20140504215739j:plain

廃盤になっており、現在入手困難だと思っていたのですが偶然見つけました。

最近、BURGER NUDSのアルバム再発に浮かれておりまして、絶賛ヘビロテ中です。BURGER NUDSは00年代前半に活躍した下北系ギターロック(本当にそんなシーンがあったかは別として便宜上この名称を使っております)を代表するバンドです。BUMP OF CHICKENやART-SCHOOLとも交流があったらしく、彼らと共に、現在の内省的な世界観を持つバンド達に大きな影響をおよぼしたものと思われます。

そんなBURGER NUDSとほぼ同時期に活動していたバンドが真空メロウです。変調を多様した曲展開に、内省的な歌詞が特徴です。 

真空メロウ「心ナイフ」

上で挙げたバンドがお好きな方は、ハマるということはないにしても、嫌いになるということはまずないと思います。BUMP OF CHICKENでロックに目覚め、今年ART-SCHOOLのライブに行った私の耳にもすんなりと馴染みました。

ちなみに真空ホロウというバンドもいるようですが全くの別物です。名前が似てるのも全くの偶然だとか。そんなことあるんだ・・・

 

2枚目は、かせきさいだぁの『かせきさいだぁ』です。

かせきさいだぁかせきさいだぁ

f:id:ongakudaisukiclub:20140504220105j:plain

以前から名前は知っていたのですが、私が彼に興味を持ったのは、今をときめく、でんぱ組inc.に詞を提供していたからでした。彼女達の楽曲「冬へと走りだすお」がそうなのですが、この『かせきさいだぁ』には「冬へと走りだそう」という曲が収録されています。

でんぱ組inc.「冬へと走りだすお」

かせきさいだぁ「冬へと走りだそう」

どちらの曲も作詞:かせきさいだぁ、作曲:木暮晋也(元ヒックスヴィルフィッシュマンズのサポートギタリストとしても有名)となっています。かせきさいだぁ、木暮晋也、両氏とも渋谷系の文脈で語られることもあり、でんぱ組の「冬へと走り出すお」は渋谷系を現代にアップデートしたすばらしい名曲となっています。

肝心のかせきさいだぁですが、まだしっかりと聞きこめていないので、内容に関して書くのは控えさせていただきます。また機会があったらレビューしたいと思います。

 

3枚目は、SISTER JETの『三次元ダンスLP』です。実は私、以前pittiさんの「ネットの音楽オタクが選んだ2011年の日本のアルバム」第1位に選出するほど彼らのことが好きでして。

SISTER JET『三次元ダンスLP』

f:id:ongakudaisukiclub:20140504220119j:plain

このアルバムは1stアルバムなのですが、恥ずかしながら長い間未聴でした。このアルバムでも彼らのグッドメロディーが炸裂しており、この時点で高いポテンシャルを持っていたことが窺い知れます。beatlesthe whoなどのブリティッシュロックが彼らのルーツであることは間違いないと思うのですが、それだけでなく、イギリスのロックバンドが上陸する(所謂ブリティッシュインベイジョン)前の古き良きアメリカの空気感を纏っているところがすばらしいと思います。歌詞のテーマもほぼ「女の子」と「ダンス」に終始しているし。

SISTER JETに関して一言言わせて頂いていいですか?Youtubeの再生回数少なすぎやしないかい?SISTER JETってあんまし人気ないのかな?もっと中高生から支持されるべきバンドだと思うんですけど…。

このアルバムには入っていないけど、彼らの代表曲「キャラメルフレーバー」です。ラジオから流れてきたら、おそらく一聞き惚れしてしまう名曲です。

SISTER JET「キャラメルフレーバー」

すみません、最後は愚痴みたいになってしまいましたね(笑)これを読んでくれた方の中に自分と同じような趣味嗜好を持った方がいたらすごくうれしいです。また、趣味嗜好が少し違っていたとしても、今回紹介した音源、アーティストに少しでも興味を持ってくれた方がいたのだとしたら、それはもっともっとうれしいです。

ここは不特定多数のみなさんが集まる場所ですので、いろんな趣味嗜好の方がいらっしゃると思います。でも、「音楽が好き」という気持ちはみなさん共通していると思います。自分も他の方の投稿を見て、今まで知らなかった音楽との素晴らしい出会いを果たしました。そういったことが今まさにこれを読んでる方にも起きているのかなと妄想すると、なんだか胸が熱くなります。

今後もちょこちょこ投稿させていただくつもりです。ありがとうございました。

 

 

D