読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電波少女(でんぱがーる)について

コラム

2014年5月9日。この日は22時に、ラップグループ「電波少女」から発表があるとメンバーからTwitterで告知されていた。てっきり私は良い方向の知らせかと思い気になっていたのですが。

電波少女(でんぱがーる)は、おもにニコニコ動画などを活動の拠点としているようなネットラッパーが集まって結成された日本語ラップグループです。動画の再生数、コメント数、マイリスト数などにおいて、RainyBlueBellと並んで、ニコニコ動画のいわゆる「ニコラップ」内ではトップクラスの人気グループです。

元々は電波少女はハシシ a.k.a 武富士アコム花子 a.k.a FUNKY髭 HANK野崎りこん赤目soumakerberos a.k.a pigeondustという6人のメンバーで、楽しくラジオ放送をする集まりみたいなノリで結成しました。しかし音源の制作を重視したかったハシシに活動ペースを合わせられなくなったりした他のメンバーが脱退した過去があります。

2010年に初期メンバーの参加曲を含むフリーダウンロードアルバム『廃盤』を発表し、この時点で商業作品ばりの楽曲の雰囲気があり、各々のメンバーの潜在するポテンシャルの片鱗が見え隠れするハイクオリティな作品に仕上がっていました。メンバーのコンピレーション的な作品でもあり、アマチュアならではの初期衝動やネット初ミュージックのムードがあります。

電波少女『廃盤』

配布終了してから長いこと落とせなかったのですが、今年のエイプリルフールにリマスターされたものが配布されました。この機会に多くの人に聴いてもらいたいです。

★Axfc Uploader -3211842.zip-

メンバー脱退後、残ったハシシと花子の2人、そしてハシシの地元の友人であるnice creamがDJ兼パフォーマーと加わり、現在まで活動してきました。nice creamはCATS☆EYEというメロディックパンクバンドの一員でもあります。

そして2013年7月13日、電波少女は初のCDアルバム『bios』を所属しているidler recordsからリリースしました。

電波少女『BIOS』trailer

そのようなタイミングで今回の発表がありました。

その内容に唖然としました。メンバー花子の唐突な脱退です。それまでに告知されているライブ後、花子はいなくなってしまうとのことです。理由については明かされていません。

よくラップに対する熱く真面目な一面をTwitterで確認していて、脱退を考えている様子もなく本当に驚きました。解散ではなく続けていくようではありますが、大変残念な知らせです。一体これからどうなってしまうのか。

野崎りこん,daoko,FUNKY髭HANK aka 花子「TAKE IT TO THE HEAD (Remix)」

花子は器用にも何種類ものフロウを試しており、こちらの動画では他の人ではしないような独特なフロウの言葉詰め込みラップを披露しています。圧巻です。

 

ウラニワ、そしてわど(@wadledy

ちょうどいいサイズの世界