Shazam10選(後編)

f:id:ongakudaisukiclub:20140710102424j:plain

Shazam10選(前編) - 音楽だいすきクラブ

後半戦!こんにちは。kasecoです。

 

6. androp「One」

聴いた場所:SUNMUSIC

ゴリゴリのベースラインがとても印象的な曲です。ベースはゴリゴリなのにギターやボーカルはすごくキラキラしてるなあ~、という印象。CMの曲などでも、ベースの音が前に出ているとついつい気になって聴いてしまいます。最近では、ドコモのCMでピンクレディーの「UFO」をカバーしているものがありますね!ほとんどベースがメインのような演奏。Youtubeで探したところ、RIZEDragon Ashでベーシストとして活躍しているkenkenさんの演奏だと最近わかりました(このCMではギターとドラムも全てKenKenさんがやっています。Youtubeにメイキング動画も!)

 

7. Pharrell Williams「Happy」

聴いた場所:ティーンズ雑貨店「Gulliver」

検索結果が出て「ああ、これが今話題のファレル・ウィリアムズか!」と思ったのが第一印象。ことあるごとに話題に上っていたので名前と曲名だけは知っていたのです(笑)名前と曲名しか知らない状況で予想する私もどうかと思いますが、もっと「HAPPYYYYYY!!!」みたいな感じで、音の種類も多く、ド派手なものをイメージしていました。実際、聴いてみると、長調と短調の中間っぽい何ともいえない微妙なメロディで、HAPPYとはいえ何となくもの悲しい雰囲気が、あまり今までにないような気がしていいなあと思います。あと個人的には、セピア感というか懐かしい感じがすごくしました。マイナーからメジャーに変わるときの、一瞬のきらめき、という言葉が近いかもしれません。

 

8. JUJU「やさしさで溢れるように」

聴いた場所:同上

「どこかで聞いたことあるんだけど、思い出せない」パターンで検索。単純に声が好みだなあと思ったのですが、検索してJUJUさんと出て、思い出しました。NHK-Eテレで以前やっていた「亀田音楽専門学校」で講師として登場し、その時初めて曲を聴いて気になっていたところでした。「玉手箱のマイナー術」という回で、マイナー調にはいろいろな感情を込めることができるといった話でした。ここで全部説明すると長くなるので、せっかくなので個人のブログで亀田音楽専門学校について書いた記事を載せておきます。

亀田音楽専門学校を見た!|solacoの備忘録

女性アーティストの声は、こういうちょっとドスの効いたというか、洋楽のアーティストのようなどっしりとした声が好きです。

 

9. UVERworld「7日目の決意」

聴いた場所:JEUGIA

最初に店で流れているのを聴いたときは,メロディラインに惹かれて検索しました.自分の予想では少なくともバンドじゃないなと思っていたのが、まさかのUVERworldでした。Youtubeで見ると、メロディ以上に歌詞の意味が伝わってきて、久々に涙が出そうになりました。なぜか今まであまり聴いてなかったのですが、ちょっと気になります。滋賀県が地元なので、なんとなく親近感もありますし……(笑)

 

10. タダシンヤ「Flowers」

聴いた場所:スーパーのドラッグストア

こちらも、どこかで聴いたことがあるような声、誰だろう?と思って検索したところ、知らない人でした。店で聴いたときは「ベタな曲だなあ」としか思っていなかったのですが、あらためてYoutubeで聴いてみたら、メロディの雰囲気とか、けっこう私の好みでした。「ごめんねいつも素直じゃなくて 僕はずっと幸せでした」という歌い出しの最後のフレーズ「幸せ~でした」などのメロディの揺れる感じがツボ。他にも、要所要所にある、伸ばす音を揺らす部分に引っかかって気になった曲でした。

 

以上、Shazam10選でした。いかがでしたでしょうか?まだまだ音楽に詳しいというほどではなくあまり深い話までできないのがちょっと悔しいです。その曲や歌手がどんな音楽に影響を受けているとか、そういったことをもっと詳しく書きたいところですね。

また、個人のブログで書いた音楽の話も、ここでちょっとずつ紹介できたらなあと思います。

 

 

kaseco(@palam_ai