読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶対にライジングに参加しなければならない10の理由

コラム

うらやましくないよ!(※だって行くし)

いよいよ明日からライジングですが、いかがお過ごしでしょうか。大体、今からこの記事を書いたところで、「実際どれくらいの人が参加を決めるんだ?」と思わないこともないのですが、ギリギリになっちゃったけど、せっかく書いたので載せます。あなたが絶対にライジングに参加しなければならない10の理由」です。

1. 何も無い場所で、夜通し音楽を

やはりライジングの大きな特徴は、何も無い場所で、朝まで音楽を楽しみつくせることでしょう。札幌の南北線の一番北の麻生駅からバスで30分かけて、石狩湾の近くの倉庫しか内容な場所に2日間のためだけの会場を設営。近隣住人のことは気にせず、初日は1時まで、本番の2日目は朝5時まで音楽が鳴り響くのはライジングならではの贅沢な楽しみだと思います。

テントで炎を囲んで、朝日とともに飲むコーヒー。ライブそっちのけでみんなとバーベキュー。どう過ごすかはあなた次第です。僕は、テントは完全に寝床で、普通にライブ見に行きますけどね。貧乏性でごめんなさい。

2. アーティストが楽しむフェス

まあ本当のこと言うと僕はアーティストではないので、本当にみんなが楽しんでいるのかはわからないけど、ライジングはそう言われることが多いです。それはやはり「ステージの時間が長い」「ライジングならではのセッションが多いこと」ことが大きな理由になっていると思います。ライジングのメインステージの時間は1時間たっぷり。新人バンドが集まるdef garageというステージこそ30分だけど、基本的には40〜60分。長いアーティストは70分以上の時間が与えられることも。贅沢でしょ?

セッションについては中村達也SESSIONやEZOISTが有名だけど、今回の主役はOKAMOTO'S。「FRIDAY NIGHT SESSION」と銘打たれたセッション大会には豪華な面々が登場(→詳しくはタイムテーブルを見てね)。クロマニヨンズTHE BAWDIESのメンバーはおそらくこのためだけの上陸。彼らにとって本当に楽しいのかはわからなけど(実際、リハ大変だと思うし)、ミュージシャン自身がお祭りモードに入っているのは確かだと思う。恒例の中村達也のセッションや東北ライブハウス大作戦、それから離れのBOHEMIAN GARDENでのセッションに、石野卓球のパーティ。恒例といえば恒例だけど、ライジングの主役はアーティスト/ミュージシャンだと思います。というかお客と同じくらいアーティストだって楽しんでいいはず!

4. 初日はメインステージに上り詰めたレキシからスタート!

毎年離れのBOHEMIAN GARDENで不法集会を繰り広げていた 「ライジングは俺を甘やかす」ことレキシ=池ちゃんも、昨年のRED STAR FIELDを経てついにメインステージに昇格。めでたい!と言いたいところだけど、「深夜のステージだからこそレキシは面白いんだ!」とのマニアの声もあり、めでたいのかそうでないのかわからない状態。でもさ、メインステージだときっと予算が違うよ。豪華ゲストの予感。とりあえずやついさんの札幌入りは決定しているので、例年通りの爆笑ステージは期待できるはず。

5. ついにRED STAR CAFEがタイムテーブル入り

今まではカフェ横のスペースとして突発的にお笑いや弾き語りが行われていたスペースがついにタイムテーブルに組み込まれるという事態に!サプライズ色は薄くなったものの、ただのカフェ横のスペースでの余興とは思えないミュージシャンが集う場に。

一昨年くらいにいきなりOT氏 (しかもその年は他の出演がなかったから、本当にサプライズだった)が登場し、ステージを終えたばかりの矢野顕子さんが乱入したこともあったけど、今年はどうなるやら。RED STAR FIELDやRAINBOW SHANGRILA付近での散策がますます楽しくなったね!

6. 電気グルーヴが初日のトリ!ところでスチャダラパーもいますね……

先日はワンマンライブやフジロック出演も果たし、今秋にはツアーも控えている電気グルーヴですが、万を時してのメインステージ登場です!ヒット曲も多数含む豪華なセットが期待されているところだけど、ところで初日はスチャダラパーも来ているんだよね。これはどちらかのステージに飛び入り参加もあるということ?数年前のスチャダラパーがトリを務めたステージではゲストとして参加して、しかもまりん込みで登場したけど、今年は?オラ、わくわくしてきたぞ!

7. 今年は奥田民生は一体何ステージに登場するか

奥田民生KenKenに限らず、敏腕ミュージシャンは大忙しですが、それでも奥田民生はわかっているだけでも、ユニコーン、FRIDAY NIGHT SESSION、ABEDON、サンフジンズに登場。深く考えると、スカパラでの客演もありえるし、東北ライブハウス大作戦に登場することもありえるし……。

他にもKenKenやハマオカモトも出演が多そう。当然のように電気の二人も2日に渡って大忙しです。アーティストやミュージシャンを追いかけるのもライジングの醍醐味ですね。

8. このためだけの北海道に来たの?な方々

FRIDAY NIGHT SESSIONにクロマニヨンズの2人やTHE BAWDIESのメンバーが登場することにも驚いたけど、本当にびっくりしたのはRED STAR CAFEに登場する安藤裕子。いやいやいや、上にも書いたけど、そんな立派なステージじゃないんだよ?!他に出演があってのサプライズではなく、ガチのこのためだけの北海道上陸。豪華すぎです。

あとサンフジンズのためだけの岸田繁とか、ゴッチのソロとか、それだけでいいのかなあ……。なんかお金の使い方が贅沢すぎるよ。

9. 山下達郎がド深夜のRED STAR FIELDに降臨!

ライジングの会場は馬鹿みたいに広いです。本当に馬鹿だと思っているのですが、広すぎるせいかステージ配置が明らかに間違っているケースが結構あるのです。その最たる例は今年の真夜中のRED STAR FIELDに降臨する山下達郎。本当に馬鹿じゃないの?真夜中がいいならメインステージの深夜だって空けるよ!RED STAR FIELDは4000人規模なんだよ。規制がかかることは目に見えてる。でもそういうことをやってしまうのがライジングなのね。

少し前だと2011年の2日目の真夜中の、しかもいい時間に登場した曽我部恵一ソロ。しかもサポート無しの完全に一人弾き語り。「下北沢のカフェでやる感じ」と依頼されたとのことだけど、それをなぜメインステージの一番いい時間にやるんだ……。寝てる人、めちゃくちゃ多かったんだけど、困ったことに超気持ちよかった。

というわけで真夜中の山下達郎。本当にどうなることやら。レア曲ツアー中のフェス参戦でどう攻めてくるのか。今からわくわくが止まりません。

10. 今年は朝日が見れそう!

朝日なんて早起きすれば見れるよね?でもフィッシュマンズと一緒だよ!ボーカルは原田郁子UAだよ!今年は今の所雨の予報はなし。朝日、見たいな。

(おまけ) Scoobie Doのウエルカムライブが強引に決定したよ!

5年連続出演し、昨年はついにメインステージまで上り詰めたスクービー。そんなライジングとともの歩み続けた彼らは、今年も呼ばれることを願ってスケジュールを開けていたけどオファーなし。そこでこのギリギリのタイミングでWESSとの交渉の結果、なんと金曜日の朝にメインゲートでのウエルカムライブが決定!いやー、めでたい!WESSの皆様の機動力の高さはやっぱり参加者としても嬉しいところ。ちなみに僕はFOREST TENT組なので、いつも同様エマーソン北村さんのウエルカムライブを楽しみにしています。

 

 

ぴっち(@pitti2210