読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンスリー・ベスト・トラック 9月号

f:id:ongakudaisukiclub:20141009235629j:plain

しばらくブログを止めてごめんなさい。身体を壊していました。9月の激務で胃を壊し、風邪になり、寝込んでいました。今は少しサボりぐせがついたのですがすっかり元気です。それでは届けるのが遅れていた9月のマンスリーベストトラックです。

写真は一応、先日の月食です。わかりにくくてごめん!

––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

f:id:ongakudaisukiclub:20140429204355j:plain

ぴっち(@pitti2210

––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

実を言うと一度編集を終えておきながら、データが全部パーになったことも今回の遅れに影響しています。

1. All We Are「I Wear You」

来年1月にドミノからアルバムからリリースされる、イギリスのリバプール出身の男女3人組バンド。10年代インディーを経由した上でのイギリス流インディーロックというあたりなのかな。位置づけはよくわからいけど、どこかダンサンブル。Foals+ディスコ的な印象。大好き。

2. Julian Casablancas+The Voidz「Where No Eagles Fly」

ジュリアンさん、ストロークスを止めて何やってるんすか……。今月半ばにJulian Casablancas+The Voidz名義でリリースされるアルバム、iTunes Storeでは900円。曲も値段もアートワークもすべてがカルトっぽい。このダサさがたまらない。

3. may.e「狂った手」

インディー界隈の話題をかっさらっていくシンガーソングライターmay.eの新しいデモ集『スパンコール』より。Bandcampで配布されるも瞬速で無料分は完パケ。この繊細な世界にずっと浸っていたくなる。

4. ドレスコーズ「ヒッピーズ」

リリースと同時に志摩以外のメンバーの脱退の発表。□□□の三浦康嗣の参加。「志摩はポップスをやりたかったのか」と表面的には見える。でもこの人は毛皮のマリーズの時からいつだって自分たちをまったく別個の音楽世界に置こうとしていた。そのかけがいのない仲間と別れてまで結成したバンドさえも捨て、到達したこのサウンドに価値はあるのかはわからない。でもこのEPはすばらしかった。

5. くるり「There is(always light) 」

自分も立ち上がります。合評もベストトラックにもケリつけます。

すみませんでした。がんばります。

––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

f:id:ongakudaisukiclub:20140501091742j:plain

うめもと(@takkaaaan

––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

もう10月というのが信じられません。1ヶ月のスピードが確実に早く感じるこの頃。今月も楽しく音楽が聴けて良かったです。

1. Fickle Friends「FOR YOU」

TDCCの女性ボーカル版ですやん!と突っ込んでしまえばそれまでなんですが…。いやでも凄く好きで最近よく聴いてます。ギターの音とかやたらアッパーなのに全体的に漂う浮遊感とメロディーのポップ感。エレクトロ風味のインディーポップという贅沢な曲です。個人的には「SWIM」が特にオススメです。

2. ストレイテナー「冬の太陽」

キャリアが長いバンドですが今年は明らかに勢いが今までと一味違うストレイテナーから届けられたこの曲。抗えようの無いメロディーの強さに発売してからずっとやられっぱなして聴いてます。

3. 赤い公園「NOW ON AIR

この曲が本当に素晴らしいと思うのは津野米咲という人が音楽でしか救われないのが分かってしまうからです。「 今も私には 才能も趣味もないから せめて せめて Please Don’t Stop The Music Baby!! 」この歌詞から感じられる説得力が素晴らしいです。絶対支持!

4. fhána「いつかの、いくつかのきみとのせかい」

こちらは発売してから随分日が経っているんですけど、本当に凄く良い曲なんでプッシュします。「僕らはみんな河合荘」アニメのOPテーマです。分かりやすくこの作品に今更ハマってしまっています。サビが自分の大好きなメロディー展開で思わず笑顔で溢れちゃいました。

5. DAIGO「心配症な彼女」

岡村靖幸が大嫌いな知人にカラオケでこの曲を歌ったところ「なにこれ!めっちゃ岡村っぽいやん!!」と言い放たれたのがこの曲の全てを語っていると言っても過言ではありません。そこかしこに感じられる岡村ちゃんイズム。サビがハンパない吸引力を持ってる曲です。気付いたら一日中この曲が頭で鳴ってます。

––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

f:id:ongakudaisukiclub:20140429213754p:plain

わど(@wadledy

ちょうどいいサイズの世界

––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

1. KARIBU×NO×KAIZOKU「WORLD END」

2. マクロスMACROSS 82-99「Horsey (feat. Sarah Bonito)」

3. the chef cooks meとKONCOS「間の季節」

4. TekeTeke「15のイラ、私だけの宇宙」

5. おおのゆりこ「ひこうき雲

THE FOREVER YOUNGに改名して、11月12日に1stアルバムをリリースするKARIBU×NO×KAIZOKUや、Liaroid Cinemaといったラウドでエモーショナルな歌モノがあるバンドの魅力を噛みしめる月でした。ちなみに選出した「WORLD END」はKARIBU×NO×KAIZOKUの過去の代表曲ですが、その改名後のニューアルバムにも収録されております。あとMariana in our Headsというキラキラポップな日本のインディーバンドに出会えたり、ニコラップに大阪ミュウミュウという奇天烈クレイジーな新人MCの曲が投稿されたり、黒沼英之と駅前いちごぱんつの活動が止まったりしたのが印象深いです。

––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

菱型良音

––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

突然ですが今回から、より「良い音楽」にこだわっていこうという思いから、菱型和音改め、菱型良音となります。わたくしが選んだ、9月のマンスリーベストトラック5曲を紹介します。

1. Hey!Say!JUMP「ウィークエンダー

ウキウキ気分になれるジャニーズ王道のディスコサウンド。「チャンカパーナ」(NEWS)や「ファンタスティポ」(トラジ・ハイジ)に続く名曲の誕生に立ち会えたのが嬉しいです。振り付けだったり、《謎のラブミサイル ブーン!》だったり、遊び心を忘れておらす、楽しませ上手です。一音一音がキラッキラしていて、メンバーの表情もいいですね。

2. 赤い公園「NOW ON AIR

2014年を代表する名盤『猛烈リトミック』は、この曲で幕を開けます。ラジオ好きとして「そう、そう!」と共感せずにはいられない歌詞がいいですね。プロデュースとピアノで蔦谷好位置さんが参加したことで、2003年ごろの星村麻衣さんのようなガーリーさが出てきて、よりキラキラ感が増しています。こういうの大好きです!

3. TAMTAM「エンターキー」

すごいバンドが出てきたな、と驚きました。たしかに4分の4で始まったのに、曖昧な境目で8分の6になり、やっぱり4分の4。音の海に溺れていく感覚が新しいですね。ギター、ドラムのカオス感とベースの安定感の対比に「心地よい違和感」があり、気づくと彼らの音楽の虜になっています。

4. 矢野まき「生きること」

矢野まきさんの活動再開後、初の新曲です。声の力がすごいですね。《皮肉なもので 生きることは 僕をさておき 容赦しないの》というイントロなしの歌い出しで始まり、シンプルなアレンジでわたしたち聴く人を引き込んでいきます。

5. サザンオールスターズ「東京VICTORY」

サザンの凄みを感じる新曲。オートチューンなんてどうでも良くなるくらい、完成度が高く、訴えてくるものがあります。歌詞には、2020年のオリンピックへ向けた胸の高鳴りと共に、わたしたちの住む街が変わっていくことへの哀愁が描かれています。さすが桑田さんにしかできない職人芸ですね。サウンド面では、ベテランの風格と共に、そこはかとなく青さも感じさせるのが、やはり「凄さ」です。

––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

f:id:ongakudaisukiclub:20140701204322j:plain

tacchi(@tacchi0916

––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

前回のこの企画でアクティブ宣言をしたのにも関わらず、まったくアクティブじゃなかったtacchiです。でもちゃんと音楽は聴いてました。忙しい日々でも音楽と本があれば、僕は何とかやっていけそうです。

1. 平賀さち枝とホームカミングス「白い光の朝に」

名曲。ただただ名曲。平賀さんと畳野さんのツインヴォーカルが楽曲にとてもマッチしている。これから本格的に訪れる秋にぴったりな素晴らしい曲です。

2. くるり「There is(always light)」

アルバムよかったですね。そんな新譜から一曲。僕はくるりの歌メロが素敵な曲がだいすきなんだと再確認。

3. FOLKS「HOMETOWN HISTORY」

Galileo Galileiの元メンバーが中心となっている北海道在住のバンドのニューシングル。エレクトロサウンドが基調だけど、どこか温かく聴こえるのはヴォーカルの声と故郷を思う歌詞のせいなのかな。

4. ストレイテナー「冬の太陽」

テナーらしいストレートなロックナンバー。久々にこんなに「らしい」曲が聴けてとてもうれしい。

5. YUKI「誰でもロンリー」

エレクトロで跳ねるサウンドとリフレインされるコーラス、YUKIさんの表現力豊かな歌。ベースのスラップが癖になります。

––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

f:id:ongakudaisukiclub:20140429213532j:plain

かんぞう(@canzou

canzouのblog

––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

気付いたら9月終わりそうじゃん。

amazarashi「スターライト」

赤い公園「NOW ON AIR

ストレイテナー「冬の太陽」

きのこ帝国「東京」

kz×八王子P「Weekender Girl」

––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

f:id:ongakudaisukiclub:20140601155049j:plain

かめ(@kame16g

日々のこと

––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

とりあえず。

Ykiki Beat「Forever」

Yogee New Waves「Climax Night」

きのこ帝国「東京」

水曜日のカンパネラ「千利休

平賀さち枝とホームカミングス「白い光の朝に」