読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音に愛されている異色ロックピアノトリオ、センチメンタル岡田とがんばれ根本くんバンド

コラム

f:id:ongakudaisukiclub:20160210071041j:plain*1

都内だけに限っても、いったい何百のバンドが夜な夜なスタジオで練習に励み、ライブを行い、打ち上げで「売れてぇ……」とぼやきながら酒を飲んでいるのだろうか?僕は安い居酒屋で一人読書しながら酒を飲むのが趣味なのだが、往々にして打ち上げに使われていたりするため楽器に囲まれてくだをまくバンドマンを幾度も見かけている。そんな「何百のバンド」の中でも、ちょっと異色のバンドを紹介したい。

センチメンタル岡田とがんばれ根本くんバンド、こちらが今回紹介したいバンドだ。メンバーは、ボーカル&キーボードのセンチメンタル岡田・ベースの加藤渓・ドラムの伊藤幸祐の3人編成。

バンド名だけ見て「あ〜今ドキありがちな変な名前つけときゃ売れるって思ってそう〜てかイロモノっぽくね〜?」と感じた貴方、半分正解。彼らは基本的にはイロモノバンドだ。ライブを行う際にはフリップを多用する。お笑いのピン芸人がフリップネタでよく譜面台を使用しているが如く。

ボーカル&ピアノのセンチメンタル岡田は「ピアノが上手い変態」と称されバイセクシャルを公言しており、自身の男性経験をテーマにした曲まである。その曲の歌詞は正直酷い(ヤった相手の実名出しまくり&ド直球の下ネタ)。なお彼は既婚者であり、昨年11月に長女が産まれて今は子育てとバンド活動を並行している。ちなみに今彼らのライブで買える自主制作のCDのタイトルは『育児日記』で収録曲は「沐浴ロック」「搾乳エレジー」「搾乳ワルツ」だ。

バイセクシャルで既婚者で新米パパで、これが漫画のキャラクターだったら「要素詰め込みすぎだよ!」と怒られるが、残念ながらセンチメンタル岡田に関しては全て事実なのである。

 

ここまで読んでみて聡明な貴方はこう思ったに違いない。「そんなふざけたバンドが売れるわけねぇだろ!お前の耳腐ってんのかよ!」腐ってないし、僕は至極真面目にこの文章を書いている。彼らが売れるだろうと本気で思っているのは、彼らが非常に「音に愛されているバンド」だからだ。

センチメンタル岡田はMCや歌詞でこそスベり散らかしたりたまに客をドン引きさせたりしているが、ひとたび演奏に入るとまるで夢のように美しいピアノを弾く。何かに取り憑かれたかのように一心不乱に鍵盤を叩く姿は神々しく見える瞬間すらあるのだ。

「見た目は40歳、本当は24歳」と自虐的に彼は自身の見た目を揶揄するが僕は彼が「本当は40歳」でも驚かない。ピアノ演奏に熱量を込めすぎるがあまり外見の若さを失った魔法使いだと言われても、もしかしたら信じてしまうかもしれない。それほどまでに彼のピアノ演奏には魔力のようなものが込められている。

そんなやりたい放題のセンチメンタル岡田を支えるベースの加藤とドラムの伊藤は、ライブ中ほぼ話さない。だが、いつ見ても楽しそうに、暴走する岡田をしっかりとした演奏で後ろから支えている。特にドラムの伊藤は笑顔を絶やさずお父さんのように岡田を見守っている様子がよく見受けられる。

さらに指摘したいのが彼らの楽曲の多彩性だ。直球のロックあり、ラップあり、ファンクあり、かと思えば涙腺を直撃するようなメロウなフレーズを唐突に放り込んできたりする。ただPOPとカテゴライズしてしまうのを躊躇ってしまうほど色とりどりの楽曲たち。どれだけふざけた歌詞を乗せても決して曲が破綻しないのが彼らの凄いところで、強みで、僕が「音に愛されている」と感じる所以である。

そんな彼らが、2月10日にシングルをリリースする。タイトルは『seaside suicide』、自殺をテーマにした曲だ。

自殺×ダンスミュージック! ! ! 死を笑え! センチメンタル岡田の自身の経験(父の自殺)を元にした歌詞をスライ&ザ・ファミリーストーンのようなクールなサウンドに乗せた新しいダンスミュージック「seaside suicide」。末井昭の『自殺』(講談社エッセイ賞)に影響を受け、死すら笑うというコンセプトの元作られました。

Amazonの商品紹介文より抜粋)

自殺とダンスミュージックってそこ一番かけちゃいけないところだろ!不謹慎!とただ言うのは容易い。「死すら笑う」そのテーマそのものを非難する人もいるかもしれない。しかし音に愛された彼らは不謹慎すら素晴らしい音楽に昇華させてしまう。それはもう見事な手腕で多幸感に溢れた楽曲に仕立て上げてしまう。素晴らしい音楽の前で「正論」は邪魔物でしかないのではないだろうか?最後まで読んでくれた貴方には、感謝と共にとにかく一度ライブで彼らを見て欲しいと伝えたい。

音に愛された3人が貴方を正論の向こう側へ連れて行ってくれることを僕が約束する。

seaside suicide

seaside suicide

  • アーティスト: センチメンタル岡田とがんばれ根本くんバンド
  • 出版社/メーカー: Sentimental Disc
  • 発売日: 2016/02/10
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

  

 

高田真(@takadamakoto030