読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THE YELLOW MONKEY『砂の塔』

レビュー

f:id:ongakudaisukiclub:20161024181912j:plain

少しだけ振り返ると吉井和哉は2013年にベストアルバム『18』をリリースし、「GOOD BY YOSHII KAZUYA」というツアーを敢行。その時点でTHE YELLOW MONKEYの再結成は確定的なものだと思われていた。ところがその後は音沙汰がなく、カバーアルバムを挟みながらも、昨年ソロ名義で7thアルバム『STARLIGHT』がリリースされた。その時には少々面食らったというか、イエモンの再結成がうまくいっていないのではないかという話が噂されていたほどだった。(ちなみに吉井が他のメンバーにバンドの復活をお願いしたのは「GOOD BY YOSHII KAZUYA」ツアー終了後とのこと)。

ところが2016年、各所に掲載された広告からイエモンの復活の噂が再び急浮上。あとの快進撃はご覧の通り。イエモンがこれほどまでに望まれていたバンドだということを実感させられた一年だったと思う。

僕はイエモンを待ち焦がれていたくせにツアーには参加しなかった不真面目なファンなのだが、さすがにシングルは無視できないので購入した(ただしまだライブDVDを見てないのでライブ盤は聞きたくないのでダウンロードでだけど)。

ちなみに「ALRIGHT」はMV公開時からずっと聴いていたわけだが、そこまで良いとは思えなかった。というのもその前年に吉井は「(Everybody is)Like a Starlight」という凄まじいを発表しているからだ。バンドのグルーヴ自体にも歴然と差がある。

ところが今回発表された「砂の塔」は少し肌合いが違う、と思う。なんていうか、ようやくあの頃のイエモンが終わった。そんな感じがしたのだ。

あの頃のイエモンというのは1997年にフジロックに出演し、2001年に「プライマル。」で解散するまでの彼らだ。レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンレッド・ホット・チリ・ペッパーズに挟まれて、吉井和哉は挫折に苛まれ自滅と言える道のりを辿った。ロック、歌謡、両方の側面からバンドを刷新しようと試みたがそれは叶わず、バンドは瓦解した。

あれから15年、イエモンは戻ってきた。相変わらず歌謡曲とロックのオルタナティブな存在として。2000年にリリースされた『8』での「聖なる海とサンシャイン」「バラ色の日々」のアルバムバージョンにおけるロックバンドとして瓦解した姿は影を潜め、「もし2016年にイエモンが復活したら?」というお題にこれ以上ないほど答えた形での復活だと思う。これまでと地続きのイエモンが終わり、そしてようやく次のイエモンがはじまるのだと思う。

「砂の塔」の歌詞が指し示すものはこれまでの彼らであり、これからの彼らだ。

探しても 探しても すぐにまた砂嵐
暖かい母の手を いつか握りしめ
オレンジの馬車に積んだ黄色いカーネーション
上に行くほど傾いた塔
安定はしない
太陽に近い
天国に近い

幾度となく「これだ!」と言える物を見つけても時間の経過とともに瓦礫の山と化してしまう彼らの創作活動そのものを示しているようでもあり、人類の愚かさを表しているようでもある。

でも一つ確かなことは、吉井和哉は再びその愚かな舞台に立つためにイエモンを蘇らせたこと、そしてその仲間としてイエモンを選んだということだ。

あれから15年経ち、彼らの後に出てきた後にロキノン系と呼ばれた邦楽ロックバンドのムーブメントさえも一段落した現在、彼らが心から望まれている存在なのか、国宝と呼ばれるバンドになりうるのか、それはこれからの彼ら次第だ。

でも一つだけ。本当におかえりなさい。

 

 

ぴっち(@pitti2210