ドキドキを取り戻すための/tofubeats『FANTASY CLUB』

f:id:pitti2210:20170524140730j:plain

tofubeatsの『FANTASY CLUB』をずっと聴いている。正直に言うと、このアルバムはtofubeatsの最高傑作ではないと思うし、おそらく現時点における彼の最高傑作は『lost decade』なのだが、ただ滅茶苦茶いいのだ。

今作は前作の『POSTIVE』やさらに前の『First Album』と比べるとJ-POPの要素が薄い。一応ゲストボーカルもいるのだが、どちらかと言うとYOUNG JUJUはラッパー、suger meはコーラスとしての側面が強く、あまりJ-POPらしい曲が見当たらない。日本語のポップミュージックと言えばその通りなのだが、歌謡性は薄く、ヒップホップやハウスを行ったり来たりしている印象が強い。

またゲストボーカルの意味合いが少ない反面、tofubeats本人が歌う比率が以前より大きい。いつも同様オートチューンを用いているのだが、前に出ようとする意志が強い。前だとたとえば『ディスコの神様』のカップリングのデモ版の「衣替え」で申し訳程度に歌い(でもすごく良い)、アルバムではBONNIE PINKが歌ったりしていたのだが、今作の「SHOPPINGMALL」「CALLIN'」「WHAT YOU GOT」「BABY」といった曲は「tofubeats自身が歌うこと」を想定して作られているかのようだ。実際、力強く歌っている。

それにしてもこのアルバムを聴けばワーナー以降のtofubeatsに何があったか察することができるし、WIREDのインタビューを読むと良いことも悪いこともあったというか、どちらかと言うと悪いことの方がたくさん起こって、それに対する怒りとか葛藤とか苦しみが多かったように思える。ただ、それでも「BABY」で

ドキドキは今以上のBABY

と歌っていることが、4年前の「LOST DECADE」での

ドキドキしたいならこれを
ワクワクする瞬間このときを
わすれないで
わすれないで

と重なっていて、もちろん変わるものもあるけれど、音楽で一番大事なこの部分を忘れていない事実にぐっとくる。

あと個人的にはやっぱりフランク・オーシャンの『Blonde』と重ねて聴いていた気がする。単純な物量でいい切れる話ではないけど、もしtofubeatsが数年以内に『First Album』『POSTIVE』のように多彩なゲストと共演しながら、同時に『FANTASY CLUB』のような内省的なアルバムを作ることができたら。いや、ただの妄想でした。

 

 

ぴっち(@pitti2210