読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6/8 KEYTALK「OVERTONE TOUR 2014」@広島ナミキジャンクション

最近の邦楽のロックバンドの流行として、BPM早めで四つ打ちが売りのバンドがたくさんいます。僕もいろいろと聴いたのですが、その中でも特に惹かれたのはKEYTALKです。今回は運よくチケットを手に入れることができたのでそのレポートを。KEYTALKのライブは初めてでしたが、超楽しかった!

注意:ネタバレありです。今後ツアーに行かれるという方々は、自己責任で読みすすめてください。

今回が初の広島でのワンマンということで、メンバー・フロアともに非常に熱かったです。SEの「物販」からとてつもない盛り上がり。それをより高めようとシングル曲の「パラレル」「コースター」で幕を開けました。立て続けにニューアルバムからのアップテンポナンバーや「UNITY」「fiction escape」などの定番曲を披露し、開始早々熱気に溢れていました。個人的に先月、最も聴いたであろう「MURASAKI」も披露されました。和風な匂いのするこの曲はライブでも変わらずかっこよかったです。

今回のライブで感じたのはメンバーのスキルの高さです。演奏はもちろんのこと、キャッチーなメロディラインを高らかにツインヴォーカルで歌い上げる義勝さんと寺中さん。高速ナンバーや転調の多いナンバーをブレることなく叩き続ける八木さん。ステージを縦横無尽に移動しオーディエンスをあおりながらも、複雑なリフを弾きこなす武正さん。あらためて魅了されました。

中盤ではミドルテンポの「メロディ」、3拍子のリズムが特徴の「Siesta」、そして「雨のち。夏、」でしっとりと聴かせた後は、後半戦「トラベリング」などの代表曲ラッシュでフロアは再び盛り上がりました。ここの緩急のつけ方はよかったです!

本編終了後は巨匠によるミスチルの桜井さん&桑田佳祐のモノマネ弾き語りという茶番を挟んでアンコールへ(このモノマネ、面白かったです)。「blue moon light」は音源とはアレンジを変えてスラップベースを導入することなどでよりダンサンブルなものに。「MABOROSHI SUMMER」はサビで少々BPMを落とすことでグルーヴ感を出そうとしていたのが印象的でした(これは本編の「sympathy」といったナンバーでもみられました)。最後は「夕映えの街、今」で大盛り上がりに。昨年メジャーデビューをし勢い右肩上がりの、現在の彼らのテンションが表れたエネルギッシュなライブでした。

彼らの四つ打ちを基盤としながらもキャッチーで繊細なメロディ、アレンジのキメ、高い演奏技術やパフォーマンスはシーンの中でも際立つ存在だと思います。どうやら今年はたくさんの夏フェスにも出演する模様。今後の活躍に期待大です。

1. パラレル
2. コースター
3. はじまりの扉
4. お祭りセンセーション
5. UNITY
6. BEAM
7. fiction escape
8. MURASAKI
9. シンドローム
10. YGB
11. サイクル
12. メロディ
13. siesta
14. 雨のち。夏、
15. バミューダアンドロメダ
16. sympathy
17. トラベリング
18. 太陽系リフレイン
19. プルオーバー
encore
20. blue moon light
21. MABOROSHI SUMMER
22. 夕映えの街、今

 

太陽系リフレイン

MURASAKI

 

 

tacchi(@tacchi0916