GEZAN『狂(KLUE)』レビュー

f:id:ongakudaisukiclub:20200202233706p:plain

Apple Music Spotify

GEZAN『狂(KLUE)』の合同レビューです。僕らの周囲で話題になりみんなでレビューすることになりました。この作品について考えるきっかけになれば幸いです。

続きを読む

土岐麻子 @ cube garden

cube gardenで土岐麻子のライブを観てきた。

昨年リリースされたアルバム『PASSION BLUE』を携えたツアーで、アルバムでもプロデュースを担当したトオミヨウ(Keyboard)、山本タカシ(Guitar)、SANABAGUN.の沢村一平を迎えた4ピースのバンド編成だった。ただしベースはおらず、『PASSION BLUE』の中だと半数くらいの楽曲がトラック同期させる形の演奏で、残りは3人のベース無しの演奏、もしくはトオミヨウがキーボードで担当していた。

個人的にはそれらの楽曲がめちゃくちゃ刺激的で、ポップスの刷新を感じさせるものだった。

とはいうものの別にライブでの同期はサザンオールスターズサカナクションのような大物から中堅まで普通にやっていることなので、その手法だけが特別目新しいわけでもない。今までの自分が観てきたライブでもiriや小袋成彬といった若い世代のアーティストもごく普通に使っている。

では何が新しいのか、それはボーカルの制約を取り払うことにあると思う。具体的には息継ぎの点で再現が難しい楽曲も、別のコーラスを起用することなく、自分の声と歌を同期することができる。また基本的に音源と同じリズムであるため、聴く僕らも演奏に集中しやすいという長所もある。もちろん一長一短があるからすべての演奏に使うかはその人次第ではあるが、この日の土岐麻子のセットリストの中では個人的には同期した曲が抜群に良かった。

序盤では「High Line」が凄かった。音源の時点で個人的に何一つ不満がないほど最高なのだけど、そこにトオミヨウ、山本タカシ、沢村一平の演奏が加わるのは端的に言って超最高だった。無機質(だとはまったく思わないが)だけど自由度の高いトラックに血が通る、のみならず沸騰する感じが超絶スリリングだった。終盤に聴きたかった。

www.youtube.com

一方、序盤の後は普通に、というかジャジーな曲が続いた。個人的には『PASSION BLUE』の曲と比べると少し刺激に欠けるのだが、それでもジャズに身を置いた期間が長かっただけあって「heartbreak」「mellow yellow」あたりはとても良かった。合間にSAPPORO CITY JAZZで毎年呼んでもらえたことを(そして最近は呼ばれないことも)話していたが、それらのキャリアの積み重ねが近年の土岐麻子のブラックミュージックへの傾倒を支えているように感じられた。この日は、編成の影響で「BOYフロム世田谷」がいつもとは違うアレンジだったが、物足りなさはなく特別感があった。

中盤では再び『PASSION BLUE』の曲に戻り、「Ice Cream Talk」はアルバムではG.RINAが参加しツアーでも初日の公演でも来てくれたけど今日は来ていないという話を事細かに説明した上で披露し、この日はドラムの沢村一平がラップやってフロアは大いに湧いた。一風変わってファンクナンバーの「Beautiful Day」も骨太で超楽しい。「Gift 〜あなたはマドンナ〜」は、最近の土岐麻子の作風からすると浮いているのだが、もうこのあたりになると普通に名曲で笑っちゃうくらい良かった。

そして終盤、シティポップ三部作と言われるトオミヨウ体制の出発点の「Pink」はほぼウイニングラン状態で、「愛を手探り」を挟みつつ、アルバムのリード曲とも言える「美しい顔」は盛り上がりすぎて場内のみんながおかしいことになってた。本人も話していたように、自分も土岐麻子なのにオールスタンディング?と思っていたクチなのだが、もうこの時ばかりは楽しすぎておかしくなってた。

www.youtube.com

失礼ながら美人であることを売りの一つとして見せていた土岐麻子というアーティストが、今作ではビルの屋上のさらに上に浮いているジャケットという難解な印象を提示していたわけだけど、そのような雰囲気はほぼないというか、「冷静寄りの情熱ツアー」という副題を付けながらも、情熱が爆発したかのようで、(冷静寄りだけに)控えめに言ってもめちゃくちゃ楽しかった。

ジャズ時代から熱心に追いかけていたであろうファンの方々も多かったけど、若いお客さんも含めみんなが盛り上がり、だれも置き去りにしていなかった。今回のアルバムにハマってツアーに参加した人間だけど完全にファンになりました。土岐麻子、めっちゃ凄かった。

続きを読む