平らかに成った、その先へ/KOHH『UNTITLED』

f:id:ongakudaisukiclub:20190209000626j:plain

Apple Music Spotify

御徒町周辺はおもしろい。特にアメ横のカバン屋が。その店は閉店セールと称して定価数万円(らしい)カバンを3000円均一で売っている。そして実際に店を畳むのだが、しばらくすると何100メートルか離れた別のスペースで同じことをやり、それを幾度も繰り返す。実質同一店舗であることは呼び込みのおっちゃんでわかる。そのグレーな感じ。本物とパチモンが、大通りと風俗街が、蔦屋書店とCASTLE RECORDSが、さほど距離もない空間に併存しているあの感じがとても好きだ。

様々なものが並列であるこの状況は何もオフラインに限らず、むしろオンラインの方が加速している。ストリーミングサービスが顕著な例だろう。場はあらかじめ用意されていて、その中から情報や物品を自由に選べる。フィルタリングやエコーチェンバーなどの問題はあるが、そんなのはオフラインでも同じだ。そう考えると、この数十年で私たちは(見かけ上は)フラットにモノを見られるようになったと言えるのではないか。

KOHHの新作は《みんなでひとつ》に始まり《全然見た目は違うけど同じ》で終わる。そう本来、誰も彼も大した差はない。気分が良いときも悪いときもあるし、生まれれば終わるし、もっと言えば死んでようが心に生き続ける人はいるし、逆もまた然りの存在だ。そんな私たちが存在すること自体に大それた意味などなくすべてはフラット。対義語をあえてリリックにいくつも並べることで、そのメッセージ性がより強まる。

加えてKOHHが繰り返し唱えるのは、あらゆる物に価値を与えるのは人だということ。そして、そのレッテル貼りこそが心地よく生きていくためには重要だということだ。彼はたまたま御徒町で純金のチェーンを買いマルセル・デュシャン『泉』に放尿する夢を見ているが、各々が価値観を見出せさえすればメッキのチェーンを誇らしく見せつけても『泉』を傑作として崇めても問題はないのだ。そうしたポジティヴなレッテル貼りはヒップホップにおいて幾度も行われるが、レッテル貼りによるネガティヴな側面も描いたリリックや一貫して不穏なビートは、2019年の今だからこそ切実に、半ば狂気じみた色合いをもって響いてくる。 

昨年末から今年の始めにかけて「俺たちは現実の存在か?それとも虚構か?」というテーマのヒーロー映画がいくつか公開された。そうした価値判断を巡る問題への回答はいずれも「そんなの関係ねえ」というもの。それらの作品と同様、価値は勝手に見出せ、気に入らねえ価値観は蹴散らせとアジテートする本作が、「平らかに成る」時代としての「平成」の終わりに生み出されたのは偶然ではない。

まっつ(@HugAllMyF0128

ゼロ年代国内ベストアルバムを考えてみた

こっちに載せていいのか?と少し悩んだけど載せることにしました。元々は僕とチャドさんとのお遊びだったけど他の人にもやってほしいので。もともと音クラってそういうブログだったけど、ここ数年はよくわからなくなっててさー。

前に90年代のベストをそれぞれ選んで音クラに載せたりそれぞれの個人のブログに載せ合ったりして内輪で楽しんでいたけど、それのゼロ年代版です。国内に絞ってるのは単なる趣味です。別にルールはなくてそれぞれ勝手にやってます。

勘違いしてほしくないのは、これはあくまで僕が選んだ僕自身のゼロ年代の国内ベストアルバムだということです。「ネットの音楽オタクが選んだ〜」のような不特定多数の集計じゃないです(それもいつかやれたらいいんだけどね)。よかったらやってみて!僕は読むよ!ってことでここに置いておきます。チャドさんのがきっかけなのでこちらもチェックしてみてください。

yama51aqua.hatenablog.com

やはり自分で選ぶとベタで恥ずかしいです。「これのどこがベタだって?」と思った方、自分からするともう20年近く付き合いのある音楽だから判断基準がおかしくなってるだけなのでご容赦ください。「〇〇入ってない」と思った方、自分でやれ。人の数だけベストがある。それは俺が他の誰よりも知っているよ。

WHAT'S IN?からはじまり、Rockin'on JAPANを経て、MUSICA読者に到達した(現在は卒業)ある男の00年代ベストです。笑っていただければ。

 

続きを読む

2019年の新たな水準/Black Boboi『Agate』

f:id:ongakudaisukiclub:20190206123248j:plain

Apple Music Spotify

ヤバすぎ。多分これは新しいタイプのバンドなのだと思う。

小林うてな、Julia Shortreed、ermhoi=Black Boboiは全員が曲を書き、トラックを作り、なおかつ歌うソロアーティストのグループだ。そういう意味では昨年発表されたJulien Baker、Phoebe Bridgers、Lucy Ducusのバンド=boygeniusに似ている。ただ、エレクトロニカアンビエント、アシッドフォークなどのジャンルから「バンドとは?」と思われそうだが、それでもこれはきっとバンドだ。音の取捨選択がシビアで、発想がソロの時よりもランダムだが、何より共同で音楽を作る喜びに満ちている。

ところで小林うてなはD.A.N.や蓮沼執太フィル参加時のスティールパン奏者としての側面が強く知られているが、ソロで活動する時はそれを大きく取り上げたりしない。というか使っていない。Balck Boboiの今作では「I'm just into」でスティールパンが使われているが、すべての楽曲で用いるといったルールはない。同様にJulia Shortreedのギターが必ず使われるわけでもない。大まかなクレジットしか確認できていないので詳細はわからないが、おそらく曲を作る上で全員がプロデューサーとして関わること以外にルールはなかったはず。

結果、自身のアイデンティティを強く主張することなく3人それぞれの要素が落ち着いた。逆説的ではあるのだが、3人がそれぞれ自らの持ち味を強く投影しようとはしなかった結果、よりそれぞれの個性がうまく共存できたのだ。実際にソロの楽曲を聴いた上で本作を聴くとそれぞれの持ち味が驚くほどうまく同居している。

妥協点を探ったというわけではなく、曲ごとにエッジが立ち、それでいてソロとは違う場所に到達する。コラボとはまた違った形の、全員がプロデューサーとしてのバンド、これが2019年の新たな水準になると思う。

ぴっち(@pitti2210