読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

9/14 back number @ 横浜アリーナ

札幌公演の落選でとっても悔しく、思い切って遠征した今回のライブ。初の横浜アリーナ公演に立ち会えたことが、とってもうれしかったです。

いっぱいの客席を前に、感動した様子の3人。MCではかなり感慨深そうで、言葉にならないといった様子でした。よくしゃべるはずなのに「すげえよ」しか出てこない清水依与吏さん。若干、唐突なものの、一生懸命考えて準備してきたであろう小島和也さんの家族ネタ。「ノープランです」と潔い姿勢の栗原寿さん。ラジオではよくしゃべるのですが、ライブでは曲に重点を置いている模様。

本編後半とアンコールでは、依与吏さんが感謝の気持ちと新たな決意を熱く語っていました。会場全体が吸い込まれるような雰囲気でMCに聞き入っていました。

曲は現時点でのベストと言った内容。アルバム「ラブストーリー」の曲もツアーを回ったことにより、すっかりライブ仕様になじんでいました。大きく分けるとテンポの良い曲とバラードの二種類あるのですが、セットリスト中のバランスがよく、あっという間に感じました。

印象に残ったのは「stay with me」。ライティングがとってもきれいで、どこまでも幻想的な世界が広がっていました。ライブで大きく印象が変わったのが「光の街」。しっかり響くベースやドラムを中心に強力なバンドが支えているので、最後の一音まで曲の世界に浸ることができました。

「スーパースターになったら」の大合唱。「青い春」、「聖者の行進」での会場全体がゆれるようなジャンプ。「fish」や「わたがし」の切なさ。「花束」で会場に広がった幸せな気持ち。しっかりと曲の魅力を届けてくれるライブでした。

清水依与吏さんは素敵な声でずっとフロントマンとしてステージを引っ張っていました。ぴょんぴょん跳ねて、コーラス以外の部分でもよく歌っている小島 和也さん。けっこうタイトで変則的なリズムでもしっかり叩く栗原寿さん。ずっとライブで鍛えてきた成果がしっかり発揮されていました。

大好きな「聖者の行進」が聞けたときは、うるうるしていました。これだけ心がゆさぶられる歌やback numberに出会えて、本当によかったと思います。

1. 高嶺の花子さん
2. motto
3. 半透明人間
4. 海岸通り
5. 繋いだ手から
6. 光の街
7. fish
8. 幸せ
9. わたがし
10. ネタンデルタール人
11. bird's sorrow
12. 003
13. 花束
14. 君がドアを閉めた後
15. 世田谷ラブストーリー
16. stay with me
17. 聖者の行進
18. 青い春
19. スーパースターになったら
20. 日曜日
21. 恋
22. そのドレスちょっと待った

 

 

かえで(@kaede_lily