読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

12/22 the HIATUS @ 日本武道館

ライブレポート

f:id:ongakudaisukiclub:20141223223353j:plain

彼の音楽を聞き始めて、今年で丁度10年になる。

青臭い高校生だった僕も、10年経てばなんとか社会人にはなれた。そりゃそれぐらい月日も経てばバンドの1つや2つ解散するし、新しく組んだりもする。そんな細美武士の初武道館公演に行ってきました。

今年の夏にリリースされたthe HIATUSの4thアルバム『Keeper Of The Flame』の追加公演として執り行われた日本武道館公演。タイトルは「Closing Night」。何やらドキッとするツアータイトルに期待と不安を抱きながら、会社を出たのは18時35分。開演は19時。武道館のある九段下までは二駅だけど、ギリギリだ。

道すがら、やっぱりthe HIATUSの曲を聴こうと思ったのだけど、こういう時だけいやに「ELLEGARDEN」の文字が目に留まる。内心にやりとしながらも「スターフィッシュ」を聴きながら武道館に向かった。この日東京は快晴。「こんな星の夜は〜♪」なんて、上手い具合に星空は見えないけど、やっぱりいい歌。

席は向かって左のスタンド1番前。なるほど、ステージ真横だ。悪くない。席に着くやいなや暗転。間に合ってよかったなんて、ふぅと一息つく暇もなく割れんばかりの歓声があがる。もう武道館の屋根が吹っ飛びそう。

1stの『Trash We'd Love』、2nd『ANOMALY』、3rd『A World Of Pandemonium』と、the HIATUSとしてのこれまでの歩みを辿るかのように順を追って披露される曲達。途中手話を入れての演奏や、ゲストにジェイミー・ブレイクを迎えるなどの演出もあり、特別な夜に相応しい2時間弱での23曲。本当にあっという間だった。

その中でも印象的だったのが、真横で見ていたせいか、ステージに向かってダイブしてる人や、モッシュしてる人の顔がとってもいい顔だったこと。みんなすげー笑顔で飛んでくるんだ。それはそれは楽しそうに。みんな細美武士好きだなぁ。あ、僕ももちろん大好きですよ。

ライブ中、彼の音楽を聞き始めてからの僕の10年間も、一緒に流れていくようでした。いつでも彼の音楽があったから「ロックってかっこいいな」とか「いろんな音楽聴こう」とか、「ライブハウス行こう」とか、そんなふうに思えた気がします。ライブ中のMCで本人も言ってたけど、今こうしてthe HIATUSのライブが見れているのはELLEGARDENが休止したおかげ。おかげって言うのも変だけど、「◯◯のせい」ってしちゃうのはやってられないよ。時々本当クサいMC言うなぁって聞いてるこっちが恥ずかしくなっちゃう時もあるんだけど、それでもこの人についてきてよかったなって思ってます。

出会って10年。僕にとってのスーパーヒーローは、いつでも「細美武士」その人でした。the HIATUS日本武道館。またひとつ、素敵なライブを見せていただきました。

 

 

かんぞう(@canzou

canzouのblog