読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年末年始によく聴いたアルバム

自分でやったたことだから仕方ないけど、最近、重い記事ばかり手がけていて少し疲れた。年末くらいから結構疲れが溜まっていて、週末は昼間からずっと寝ていて気がついたら夕方みたいなことが度々ある。時間がもったいないと少し焦るけど、身体は少し元気になっているのが救い。

最近は静かというほどではないけど、穏やかな音楽を聴くことが多くて、年始あたりに届いたMISOLAのアルバムをほんとうによく聴いた。

Correspondence (初回限定盤CD2枚組)

Correspondence (初回限定盤CD2枚組)

 

カジヒデキが在籍したバンド、ブリッジのギタリスト、大橋伸行を中心に結成された4人組のバンド。その出自から渋谷系的なものを想像されるかもしれないが、ジャズ、ファンクあたりをベースにしたポップミュージックというところだろうか。2012年、アナログEPがリリースされた時に知った「Train Song」を聴いて気になっていたのだけど、時が立つのは早く、アルバムがリリースされてずいぶん時間が経っていた。

くるりの「赤い電車」の系譜とも言えるような電車ソング。アルバムではもう少しベースがぶりぶり言わせている。本当にこの半月お世話になった。おすすめです。

 

それからOVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDのアルバムをようやく入手したので最近ずっと聴いてる。弟から借りた(笑)

弟は熱狂的なBRAHMANのファンで、そのおかげで僕は多分BRAHMANとOAUを合わせると多分、生で最も多く目撃しているミュージシャンはBRAHMANの面々だと思う。世間的にOAUはBRAHMANのサイドプロジェクトと見なされがちだけど、よくMumford & Sonsのようなインディー・フォーク/フォーク・ロック的な立ち位置にも見える。でもそういうジャンル云々以前に、BRAHMANがやるフォークミュージック、そしてあのメンツの中でメキメキと自分の色を出してくるマーティンが凄いというかおもしろい。久しぶりにライブが見たくなってきた。

朝聴くと元気になる。これもおすすめ。

 

それから以前、記事に書いたんだけど、Lamp周辺ではじめて知った新川忠のアルバムが発売されていた。OTOTOYに置かれていたのでそちらで購入。以前から置きっぱなしになっていたポイントで購入。  

Paintings of Lights

Paintings of Lights

 

昨年話題を集めたLampの音楽は正直少し合わなくて、まだ素直に楽しめないんだけど、新川忠の音楽は視聴した時から染み入ってくる感じがした。この辺は体質というか、リスニング経験に左右されると思うんだけど、声、サウンドの柔らかさ、そして適度に持って行ってくれる感覚が今の僕にマッチしたのだと思う。

長い時間をかけて噛みしめたい。

 

それから某ベスト記事を編集している時に知った古川麦のアルバムが本当に素晴らしかった。

FAR/CLOSE

FAR/CLOSE

 

ceroのホーンメンバーとして名を連ねている方で、そのことから知っている方も少なくないのかもしれない。自分はまったく知らなかったのだけど、この度発見できて本当によかった。

例えば最近のチェンバーポップの流れを、大雑把に紐解くと、くるりの『ワルツを踊れ』があり、少し間を置いてceroの『My Lost City』がある。僕は専門家ではないので、古川麦のこのアルバムをその系譜に置いていいのかはわからない。しかし数年前のトクマルシューゴ、そして昨年の王舟のアルバムといったように、フォークを基調にしながらフォークにあらず、又USインディー・フォークとも一線を画すような新しい音楽が生まれつつある気がする。

ただそういう流れ云々以前に、この弦楽器の音がたまらない。

ちなみにこの曲には一時期くるりに在籍した田中佑司も参加とのこと。 

 

最後に、これは今回見つけたわけではないんだけど、最近良く聴いていたので。というか2007年にリリースされてから今までずっと聴いている。EGO-WRAPPIN'の中納良恵の1stソロアルバム。

ソレイユ

ソレイユ

 

これは本当にもうただの名盤で、あまり語ることがないので聴いて欲しい。超絶的な名曲「夢」、それからZAZEN BOYSプロデュースの戸張大輔「無題4」のカバーは必聴。

 

実は今年、2ndアルバムもリリースされたのだけど、そちらはまだ手に取るか悩み中なのでした。

窓景(初回限定盤)

窓景(初回限定盤)

 

いつかは聴くと思うけど、この絶対的な名曲「濡れない雨」を先に配信シングルで聴いたことが良くなかったのかも。

EGO-WRAPPIN'の「水中の光」もそうだけど、ピアノを弾きながら歌う中納良恵は本当に素晴らしい。

 

とまあ、最近は完全に疲れきっていて、穏やかな音楽を聴いていた。 とはいえ、ちゃんと聴くと全然穏やかじゃない、それどころか手に汗握るような白熱した部分があるのがフォークミュージック、インディ・ミュージック。でも、少なくても表層的には、そういう熱さをスルーしながら聴くことができるのがありがたいというか、すべての音楽を集中して聴かなくてもいいと思うのであります。とまあ、言い訳がましく書いてみたけど、ほんとこの半月お世話になった音楽をまとめてみました。

まだタスクはずいぶん残っているけど、そろそろ平常運転に戻りますので、今年もよろしくお願いします。

 

 

ぴっち(@pitti2210)