読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Don Friedman『Circle Waltz』

レビュー

以前も少し書いたけど、最近はジャズとかクラシック、それから昔の洋楽アルバムを聴いていることが多い。多分「ネットの音楽オタクが〜」みたいな記事を編集して疲れていたのだと思う。きっかけは近所のCD屋さんの一角にあった「ジャズの100枚。」という1000円シリーズだった。

クラシックでも昔からこういう企画をよくやってるし、ジャズもこれ以外にもいくつかの1000円シリーズがあったのだが、ユニバーサルがやっていたこの「ジャズの100枚。」は既に知っている作品がいくつかあったのがよかった。Bill Evansの『ワルツ・フォー・デビイ』『ポートレイト・イン・ジャズ』、Keith Jarrettの『ザ・ケルン・コンサート』、Chick Coreaの『リターン・トゥ・フォーエヴァー』など、知っているものがあると安心するあの心境。(あ、でもマイルスの『Kind of Blue』はなかった)

ワルツ・フォー・デビイ+4

ワルツ・フォー・デビイ+4

 
ザ・ケルン・コンサート

ザ・ケルン・コンサート

 

そんなわけで、今回は敢えて、知らない人の知らない作品を聴いてみようと思い、これを買った。

サークル・ワルツ

サークル・ワルツ

 

 実は完全にジャケ買い。だからピアニストであることさえ知らなかった。CDの帯にはこう書かれている。

エヴァンス派白人ピアニストの大人気盤にして生涯を代表する傑作。

まさにその通りで、最初に聴いた時、ビル・エヴァンスの「お城のエヴァンス」こと『At The Montreux Jazz Festival』を思い出した。実は父がジャズ好きで、以前教えてくれた。普段はジャズの話はしないけど(俺が聞きたくない)、ひょんなことからそういう話になって教えてくれた。

モントゥルー・ジャズ・フェスティヴァルのビル・エヴァンス+1

モントゥルー・ジャズ・フェスティヴァルのビル・エヴァンス+1

 

ただ、実際に聴いてみると案外違ったりする。それでもエヴァンスのようなピアノだけで攻め込んでいくようなジャズを感じたので、エヴァンス派と形容されるのも頷けるというか。

それにしても表題曲となった「Circle Waltz」が本当に素晴らしい。


こんな美しい、ロマンチックな旋律にいつまでも浸っていたくなる。普段ロックとかポップミュージックばかりを聴いていて、おまけに2010年代のやたらアップテンポな曲に耳が疲れていたのだろう。染みる。

以降の「Sea's Breeze」「I Hear a Rhapsody」と、やたら聴き応えのある曲が続く。浸っていたいだけじゃなく、踊りたくなるような。至福の40分を体験できる。

あまりに開拓され尽くしていて、あまりに名盤が確定しているジャズの世界で、まあ言ってしまえば知っている人は当然のように知っている名盤なんだけど、ちょっと冒険してみて「大成功!」という事例でした。

 

ちなみにお城のエヴァンス、聴き直してみたら「攻めてる」を通り越して狂っていた。ビル・エヴァンスのおかげでドン・フリードマンを楽しめ、ドン・フリードマンのおかげでビル・エヴァンスの凄さがますますわかったような。

 

 

ぴっち(@pitti2210)