読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパパソング5選

コラム

軽快、心地よい、ふと口にしたくなる…

私の心をくすぐる魅惑の言葉「パパパ」。今回はそんな、曲中にパパパ(またはそれに近いフレーズ)が登場する曲を紹介します。5曲選びました。

1. Death Cab For Cutie「The Sound Of Settling」 

"パッパ~、パッパ~"

アメリカのロックバンドDeath Cab For Cutie(デスキャブ・フォー・キューティー)のポップな一曲。サビの「パッパ~」はキャッチーで思わず口ずさみたくなります。せつないけど暖かい歌声も好き。

2. Alpaca Sports「She'll Come Back For Indian Summer」 

"パラパラ パッパラパパ~パパ~"

スウェーデンの男女デュオAlpaca Sports(アルパカ・スポーツ)の曲。アコースティックギターの響きとパパパコーラスの組合せ、たまりません。キラキラ&清涼感にあふれています。レモネードを飲みながら聴いたら、なお爽やか。Alpaca Sportsは他にも「Just For Fun」がお気に入りパパパソング。

3. Flipper's Guitar「Summer beauty 1990/ラテンでレッツ・ラブまたは1990サマー・ビューティー計画」

"パパパ パパパ~、パパパ パパパ~"

Alpaca Sportsからギターポップつながりで。フリッパーズギター2枚目のアルバム『CAMERA TALK』収録曲です。ボサノバ調のメロディにのった甘い声のパパパ…、良いです!

4. Annett Louisan「Drück Die 1」 

"パッパッパッ パッパッパラッパッ"

キュートなパパパ。ドイツの歌手Annett Louisan(アネット・ルイザン)の曲です。ドイツ語ですがフレンチポップスの味わいがあり、洒落ています。舌たらずなボーカルが大変可愛らしい。

5. Sloan「Cheap Champagne」

"パッパラ、パッパラ"

カナダのパワーポップバンドSloan(スローン)の曲。力強いパッパラ、そして美メロディ。「パッパラ」と書きましたが、「バッバラ」に聴こえなくもないです。

 

以上、5曲でした。皆さんのおすすめのパパパソングも教えて頂けたら嬉しいです。

 

 

じゃのめ(@jyanomegasa