読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レンタルだいすきクラブ #8 kasecoさん篇

コラム

「遠出をしたらまず最初に覗くのはTSUTAYAかな……」

大きい街のレンタル屋さんって品揃えが凄いですよね。TSUTAYAだとスマホのアプリでは渋谷店の情報がデフォルトになっているので、実際に検索したら物凄い品揃えでした。一度行ってみたい……。

今回は「あのバンドがあの人の曲を歌ったら……」的なカバー妄想Shazamで一気に楽曲を紹介してくれるkaseco(@palam_ai)さんです。kasecoさんがレンタル屋さんで何を手に取り、そして何を思ったのか。ありがたいことにどの曲が良かったのかも書いて頂いているので、すごく活用しやすいです。レンタルだいすきクラブ第8回スタートです!

––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

f:id:ongakudaisukiclub:20140814112524j:plain

5枚1000円(税込)から消費税増税のどさくさに紛れて5枚1000円(税抜)になってしまった某CDレンタルショップにて久々に借りてきました。このキャンペーンをやっているときに5枚借りるのが私の基本パターンです。

今回借りたのは、最近ハマっているKEYTALKと、KEYTALKのメンバーが衝撃を受けたと言うthe band apartをそれぞれ一枚ずつ。NICO Touches the Wallsのメンバーがラジオで喋っていた「好きなアーティスト」で初めて名前を知ったLenny KravitzTravis。そしてNICOのライブに行ってSEをShazamで検索しヒットしたFleet Foxes。 

1枚目 KEYTALK『SUGER TITLE』
SUGAR TITLE

SUGAR TITLE

 

KEYTALKセカンドミニアルバム。リリースされている4枚のアルバムの中では、比較的テクノっぽくて、ボーカルの声のエフェクトがかなり強い気がします。私の中でのイチオシは「a picture book」。ベースボーカル首藤義勝さん作詞作曲の、これ以上ひねるとやりすぎかな?というギリギリラインでのヘンテコキャッチーなメロディ。このギリギリ感が好きです。→「a picture book」 

2枚目 the band apart『K AND HIS BIKE』 
K. AND HIS BIKE

K. AND HIS BIKE

 

音楽雑誌で「ついに日本語詞で歌う!」というような話題が出ていたのですが、何となく英語詞の方が聴きたくて、古めのアルバムを選びました。なるほど、KEYTALKの初期の曲がバンアパに影響受けまくりなのがよくわかるアルバムでした(笑)バンアパの曲に関しては、何だか複雑なコードばかり使っているという印象です。こういう現代的で凝ったコードは好きなんですが、これでもか!というくらい使ってる気がしなくもないですね……。→「Eric.W

 

f:id:ongakudaisukiclub:20140814112549j:plain

3枚目 Fleet Foxes『Fleet Foxes + Sun Giant EP』
Fleet Foxes + Sun Giant EP(フリート・フォクシーズ + サン・ジャイアントEP)

Fleet Foxes + Sun Giant EP(フリート・フォクシーズ + サン・ジャイアントEP)

 

全編を通して、美しいコーラスとカントリー調が癒し系の音楽、という印象でした。聴いた時のイメージは「砂埃舞う乾燥地の小さい町」。最近はこういった落ち着いた感じの曲をよく聴くようになってロックの落ち着いた曲のことを冗長、たるい、なんて思っていた数年前の自分が信じられない気分です。→「Tiger Mountain Peasant Song

4枚目 Travis『The Boy With No Name』
Boy With No Name

Boy With No Name

 

父いわく「イギリス民謡っぽい」でした。言われてみればイギリスっぽい曇り空的なメロディの曲もあります。私のイチオシは「Selfish Jean」です。軽快なシャッフルビートですが、何というか、私の好きなもの悲しい感じがどことなく漂っていますね。ちなみに私は、アルバムを聴いていてシャッフルビートの曲が出てくるとだいたい「お!」となって身を乗り出す気分で聴いています。たぶんリズムの種類では一番好きです。Youtubeのコメントを見ると、テラスハウスのBGMに使われていたようですね。→「Selfish Jean

5枚目 Lenny Kravitz「Black And White America」
Black & White America

Black & White America

 

ファンキーなブラックテイストの曲が並びます。ていうか、アルバムタイトルからして…って感じですよね。ブラックミュージックに興味を持ったのは一昨年くらい、THE BAWDIESを聴き始めた影響ですが、実はNICOもブラック要素が強い曲がけっこうあると知ったのはつい最近の話。2曲目「Come On Get It」をBAWDIESに、4曲目「Liquid Jesus」10曲目「I Can`t Be Without You」あたりをNICOにカバーしてほしいなあなんて思いました。→「I Can`t Be Without You

 

余談。妹が星野源くるりを借りていたので、せっかくなので貸してもらおうと思ったのですが、妹いわく自分が先に見つけたお気に入りアーティストを私に教えたくないらしく、ついに貸してくれませんでした(泣)

それではまた!

 

 

kaseco(@palam_ai

––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

レンタルだいすきクラブは不定期で更新している執筆者交代制の連載です。興味がある方は「レンタルしたCD(3〜5枚)の写真」「序文」「感想」を送っていただければ、到着順に掲載します。図書館で借りた場合でも、友達から借りた場合でもOKです。興味がある人はぜひ。