読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽だいすきクラブからのお知らせ 6/25

f:id:ongakudaisukiclub:20140625223031j:plain

特集、お疲れ様でした。まだやってるけど。「批判してねー」と安易に書いたけど、意外と重い感想が渦巻いていて、毒されそうなので見ていません。そのうち見ます。たぶん。いろいろ連絡があるので久しぶりの告知です。

1. 上半期ベストアルバムやります

本当はやらないつもりでした。だって「上半期をやっても下半期はやらずに結局年間ベストになるじゃん!」と思っていたから。でも12月時点で1月の作品って11ヶ月も前のことになっているから、結構忘れちゃうんですよね。だから記録代わりにつけておくのもいいかなあって。

というわけで、少し遅れたけど7月10日にやります。7月5日までに上半期のアルバムランキング(枚数は任意で1枚から20枚まで)と、上半期の感想(なくてもいいです)をざっと書いて送っていただければみんなまとめて記事にします。興味がある人はぜひ。

集計はしません。それぞれのセレクトをそのまま載せます。ルールの縛りもありません。新譜、旧譜、アルバム、シングル、なんでもOKです。あと動画はなしで。

追記(6/29)

どうもわかりにくかったみたいなので、例を作ってみました。

––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

ぴっちが選ぶ2013年のベストアルバム10枚

Ranking

>1位のjpg

1. BUGY CRAXONE『いいかげんなBlue』
2. 高橋徹也『大統領夫人と棺』
3. My Bloody Valentine『mbv』
4. lyrical school『date course』
5. Daft Punk『Random Access Memories』
6. tofubeats『lost decade』
7. Post Modern Team『Post Modern Team』
8. Arctic Monkeys『AM』
9. 住所不定無職『GOLD FUTURE BASIC.』
10. Ropes『usurebi』

Comment

2013年は豊作でした。相変らずブージーが好きすぎて困るのですが、そんな彼らが前作を超えるくらいハッピーでナイーブなアルバムを作るのはさすがに予想外でした。これ、あまり広まってないと思うけど、今からでも聴いて欲しいです。高橋徹也は今回知って一気に打ちぬかれたアーティストなのですが、凄かったです。(以下略)

 

ぴっち(@pitti2210)

––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

上半期はこんな感じにしようと思います。年間ベストはもう少し自由にやろうと思います。投稿待ってます!

追記(7/1)

急な変更ですが、個別記事にします。もともとはマンスリーベストトラックのような合同記事にしようと思っていたのですが、個別記事の方が自由度が高い変更します。例のように書いていただければ、10枚すべてのジャケットを貼った上で記事にします。カウントダウン方式でも構いません。

2. マンスリー、連載、通常通りやってます
3. 合評やってます

今のところaikoの『泡のような愛だった』をやる予定です。興味がある方はぜひ。あと他の作品でやりたいものがあればメールやリプライ、もしくは「#音楽だいすきクラブ」で呟いてもらえればできる限り拾います。

今のところ特集の余波で更新が滞りがちで、ご迷惑をお掛けしています。徐々に平常運転に戻る予定なのでお待ちください。あと今回の特集で音楽だいすきクラブに興味を持ってくれた方はぜひ、一緒にやりましょう。詳細はガイドラインにて。ぜひ。

 

 

ぴっち(@pitti2210