読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サニーデイ・サービス「苺畑でつかまえて」

どう書いていいのかがわからないけど、馬鹿みたいにすばらしい。リズムセクション、つまりはドラムが本当に良い。これは打ち込みが混ざっているのだろうか?よくわからないけど、おそろしく気持ちいいリズム。それがメロディを支えている。 自分はサニーデイ…

ネットの音楽オタクが選んだ2015年の日本のベストアルバム 150→101

元々この企画は「日本の音楽アルバムの年間ベストがないから作る」というところからはじまりました。今ではいくつかのメディアが年間ベストを発表するようになったのですが、今ではネットというか自分の年間ベストを考えたくて仕方ないような音楽馬鹿のみな…

ネットの音楽オタクが選んだ2015年の日本のアルバムの採点方法、ノミネート作品一覧

「ネットの音楽オタクが選んだ2015年の日本のアルバム ベスト150」のルール、ノミネート作品の一覧です。発表は明日以降を予定しています。気長にお待ち下さい。よろしくお願いします。

David Bowie「Blackstar」

このブログは元々ニュースを扱うつもりはなく、先週イエモンの再結成の噂が出ていた中、大手メディアは発表側として沈黙していたので、なんとなく情報をまとめたのがきっかけだった。そしたら今週はASKAが手記を公開し、David Bowieが逝去するという事態。最…

ASKAのブログ

CHAGE and ASKAのASKAが1月9日夜にブログを公開した。ブログの名前は「BurnishStoneASKA’s diary」で現在はキャッシュしか残されていないのだが、それがTogetterに転載され話題になっている。ただ、現時点においてもASKAが実際に書いたものだという証拠はな…

アニソン好きと元アイドルオタがアニソンについて話したようです part3 <小室哲哉から音ゲーへ、そしてfripSide>

音楽だいすきクラブで行われる対談モノの多くは、skypeを繋いでメッセージ欄に文字を打ち込んで行なわれている、非常にローカルなやり口だが、これが手っ取り早いのだ。それ故であろうか、仲良いもの同士、skypeを繋いで話したり会話することもある。 アニソ…

蓮沼執太「Raw Town」

ああ、すごくいい。すごくいい!先行公開された「起点」もそうだけど、2013年の蓮沼執太フィルよりもずっと肉体的。当たり前か。名義違うし。でもなんだろ、以前とは目的としているところが違うような。もし仮に『時が奏でる』が頭とか理屈とか論理で作った…

永久に碧く

暗い部屋で一人 YouTubeで桑田真澄の投球フォーム講座を再生したまま 僕は震えている 何か始めようと ということでピッチングフォームを固めようと決意。さっそく元軟式野球部の女友達に「あのさ、俺、昔からお前のことが、す、す、す、スリークォーターのほ…

THE YELLOW MONKEYが復活!

2016年1月8日0時00分ちょうどにTHE YELLOW MONKEYが復活した。公式サイトが一新され、16年ぶりの全国ツアーが発表された。7月のフジロックの開催週、そして8月が空いていることから夏フェスに出ることが噂されている。 新作のリリースについて現時点での発表…

Kero Uno「Princess Diamond」

突き刺さるわけではないけどやたら気持ちいいというか、言い方は悪いけど、毒にも薬にもならないような。とか書くと全然良くないように聞こえるけど、フォーマットとしては全然旬ではなく、むしろ使い古されている。にもかかわらず抗えない良さがあるという…

CICADA「Naughty Boy」

このブログでお馴染み、草野さんの年間ベストアルバム記事を読んでいて、他にも数名このアルバムのことを書いている人がいて、それでiTunesで視聴したら気に入ってしまった。最初は渋谷系のようなおしゃれなジャズ〜R&B的なバンドだと思ったが、聴いていると…

アニソン好きと元アイドルオタがアニソンについて話したようです part2 <アニソンと小室哲哉>

音楽だいすきクラブで行われる対談モノの多くは、skypeを繋いでメッセージ欄に文字を打ち込んで行なわれている、非常にローカルなやり口だが、これが手っ取り早いのだ。それが故であろうか、仲良いもの同士、skypeを繋いで話したり会話することもある。 アニ…

Ropes「dialogue」

2013年のRopesの1stアルバム『usurebi』は個人的にずっと愛聴していて、特に「SNOW」という曲を偏愛しすぎていたのだが、それが過ぎたせいか昨年出た2ndアルバム『dialogue』は馴染めず放置していた。それが昨年の暮れ、あまりに忙しすぎて半ばノイローゼ気…

THE YELLOW MONKEYが再結成?

http://repusmyt.com 昨年のROCKIN'ON JAPANに掲載された広告がTHE YELLOW MONKEYの再結成を意味しているのではないかと話題になっている。 アドレスに使われているrepusmytを逆さから読むとtymsuperになり、the yellow monkey superと解釈できる、と噂され…

アニソン好きと元アイドルオタがアニソンについて話したようです part1 <最近のアニソンと変化のきっかけ>

その日、草野はとある文章を書いていた。 2015年、中野で行われたRe:Animation8にてアニソン歌手にインタビューをした草野は、とある知り合いからとある話を面白がり、アニメについて書くことになった。 しかし、書けども書けども終わらぬ原稿を前に、草野…

ぼくのりりっくのぼうよみ「CITI」

個人的にはレコード会社がやたら宣伝を仕掛けてる印象があって、おまけに公式twitterアカウントが「ぼくりり」「ぼくのりりっくのぼうよみ」について、ネガティブなものを含むツイートをやたら「いいね!」してくるので最初は嫌いになってしまった。思わずブ…

Hiatus Kaiyote「Breathing Underwater」

様々なメディアの年間ベスト記事を読み漁っていると、このオーストラリアの非黒人メンバーで構成されるバンドによるブラックミュージックがやたら取り上げられていて、いまさらながら驚いた。 個人的には2010年代のブラックミュージックは、Daft Punkの『Ran…

2015年ベストアルバム by ぴっち

30. Tobias Jesso Jr.『Goon』

2015年のベスト女の子/男の子ランキングを開催しています!

#2015年ベスト女の子ランキング #2015年ベスト男の子ランキング という企画を立ち上げたまっつです。年の瀬ですね、年の瀬ですよ。音楽には直接関係ない企画ですが、許可を頂きましたのでこちらで宣伝させて頂きます。 自分がビビッときた女の子/男の子でベ…

星野源『YELLOW DANCER』

結論から先に言うと、星野源の『YELLOW DANCER』というアルバムは日本の『Random Access Memoris』である。本作を聴くとそれまでの彼のアルバム作品とは桁違いにソウルやディスコミュージックの成分が多く配合されている事がわかる。 Michael Jacksonのソウ…

2015年のベストアルバムを集計します!

なぜ人は集計するのか。忘れてしまうからだ。 というわけで、今年もやります。結果に一喜一憂し、もはやランキングに希望すら見出さなくなったネットの音楽馬鹿のみなさま、お久しぶりです。この季節がやって来ました。 こんなランキングに何の意味があるの…

BUGY CRAXONE『Lesson』

傑作なのは間違いないし、正直最高傑作だと断言したいけど、ここで安易に宣言すると次作でそれを超えてきそうなのが怖い。そういうわけでブージーの新作が最高だという話です。 2012年からのアルバムの毎年リリースしていて、その周期でいうと今回は4枚目(…

かっこいいバンド、美しい思考/Base Ball Bear『C2』

Base Ball Bearの6thアルバム『C2』がかっこいい。音も言葉も込められた思いもすべてがかっこいい。 まず音。『C2』リリース前に開催されたTour「三十一歳」の福岡で語られていたのは、今回のアルバムは、メンバー4人が演奏していることがはっきりわかるよう…

私の好きな音楽。

「私の好きな音楽。」という特集を作りました。元はPOPEYEの「僕の好きな映画。」という映画特集のパクリでした。この映画特集のメインが俳優、映画監督、デザイナー、ミュージシャン、等々、総勢100人の選ぶ「僕の好きな映画。」というものです。「これの音…

THE BACK HORN『その先へ』はさえない現状をいますぐ打破したくなる歌

もうすぐ彼らの11枚目のアルバム『運命開花』が発売される。その前に、先日出されたシングルについてやはり書いておきたい。 といっても、記事のタイトルが全てだ。やる気が出ない、成果が出ない、隣のアイツは華々しい活躍を遂げているのに俺ときたら未だゴ…

ダンスマンガ8選

TAIGA=DYNAMITEと申します。以前に「バンドマンガ3選 」という記事を書いた者です。 ongakudaisukiclub.hateblo.jp 今回はダンスをテーマに描かれた漫画を紹介させていただきます。ダンスと音楽は切っても切れない関係、ということで、音楽だいすきクラブに…

きのこ帝国『猫とアレルギー』

きのこ帝国のメジャー1stアルバム。良い歌詞、良いメロディ、良いサウンド、三拍子そろった傑作。風通しの良い楽曲群からは、相手と正面からコミュニケーションしようとする意思を感じる。 アルバム『eureka』以前は心にまとった鎧の隙間からコミュニケーシ…

高橋徹也『The Endless Summer』

twitterで馬鹿みたいに呟いているのでフォロワーの方には「またか」と思われそうだけど、最近は高橋徹也の新譜ばかり聴いている。 2013年に前作『大統領夫人と棺』、2014年にはソニー時代にお蔵入りになっていた幻の4thアルバム『REST OF THE WORLD』、そし…

髭『ねむらない』

髭の2年7ヶ月ぶりのアルバム。その間にアイゴンが勇退し、オリジナルメンバーのフィリポも脱退した。事務所も独立し、自主レーベルも設立した。 率直に言って大傑作だと思う。 ただ、髭という名前を聞いて大半の人が思うような曲はほぼない。つまり「ロック…

スピリットオブジャパニーズロック そしてディストピアを謳う 後編

いつも書いてます、草野といいます。今回は、現代思想家の東浩紀さんと批評家の佐々木敦さんの2人で開催しているゲンロン 佐々木敦 批評再生塾 新・批評家育成サイトの 『文化について書くことで状況を語り得るのか』(講師:さわやか) school.genron.co.jp…

POLLYANNA「Wandering on the satellite」

2015年10月21日、僕はTSUTAYA O-WESTに来ていた。沖井礼二と清浦夏実によるバンド、TWEEDEESと北川勝利(ROUND TABLE)のツーマンライブを見るためだ。この2組のサウンド面を担う沖井礼二と北川勝利がデビューしたのは1990年代後半、彼らの奏でる音楽は一般…

スピリットオブジャパニーズロック そしてディストピアを謳う 中編

いつも書いてます、草野といいます。今回は、現代思想家の東浩紀さんと批評家の佐々木敦さんの2人で開催しているゲンロン 佐々木敦 批評再生塾 新・批評家育成サイトの 『文化について書くことで状況を語り得るのか』(講師:さわやか) school.genron.co.jp…

スピリットオブジャパニーズロック そしてディストピアを謳う 前編

いつも書いてます、草野といいます。今回は、現代思想家の東浩紀さんと批評家の佐々木敦さんの2人で開催している ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾 新・批評家育成サイト school.genron.co.jp こちらの第8回 『文化について書くことで状況を語り得るのか』講師…

「私の好きな音楽」という特集についてのお願いです!

こんにちは。うめもとです。 突然ですが、特集を作ります!タイトルは仮ですが「私の好きな音楽」という名前の企画です。そうです。少し前のPOPEYEの特集にあった「僕の好きな映画。」のオマージュです。 top.tsite.jp 「これの音楽版をやったらおもしろそう…

Foals『What Went Down』メロディが揺らす波とポストロックからダンスへ

The Edmund Fitzgerald、エドモンド・フィッツジェラルドと聞いて何を思い浮かべるだろう。村上春樹が訳したことで有名な『グレートギャッツビー』を書したフィッツジェラルドはF・スコット・フィッツジェラルドだが、ここで指すエドモンドフィッツジェラル…

神田智子/Ella Fitzgerald & Louis Armstrong「Tenderly」

”CMだいすき”を標榜する私が今お伝えしたいトピックといえば、水原希子さんを起用したEDWIN SOMETHINGのスペシャルムービーが、9月10日より公開されています。画像共有SNSでのひと騒ぎなんて露ほども気にしないような、水原さんの堂々たる魔女ぶりが素晴らし…

Couple『Brief Pop』

以前このブログでも紹介されていたCouple『Brief Pop』を聴いてみた。シンプルなギターリフ、シンプルな楽曲構成、ボーカルmomoのキュートなフィメールボイス、パワフルに叩かれるドラムスやバッキングギターの休符を生かしたフレーズに惹きつけられる。 特…

アニソン連載 #8 『May'n 10th Anniversary Special Concert at Budokan "POWERS OF VOICE"』に行ってきた

1989年生まれ。今年で26歳を迎えたMay'nは彼女が高校1年生だった2005年、「中林芽依」という名前でデビューた。May'nと名乗るようになったのは2008年。同年4月に放映されたテレビアニメ『マクロスF』は彼女を一躍有名にした。作中の歌姫であるシェリル・ノー…

You Could Be Mine

若い女の子との会話が弾まなくて困っちんぐ。ついこないだまで学生だった女の子と何を話していいか分からんズラ。でも無言も気まずいズラ。とりあえず趣味でも聞いておけば無難ズラ。 「映画が好きです^^」と答えられたので死んだ。無理っす。マジ無理っす。…

MONOEYES「Run Run」

www.youtube.com 細美武士率いるMONOEYESの1stアルバム『A Mirage In The Sun』より。プログレ、エクスペリメンタル色の強いハイエイタスと比べるとロック寄り。多分、誰もが思うことだろうが、やはりELLEGARDENに近いと思う。細美武士がどういう意図でエル…

ぱいなっぷるくらぶ「finderrr」

www.youtube.com トレイラーなので視聴しにくいかもしれないけど、iTunesやアップルミュージックに置かれているので。 昨年のJINTANA & EMERALDSに引き続き、また南国っぽさが溢れる盤が出てきたなーと思っていたら、トルネード竜巻のなかまきこ、you & me t…

ゲーム音楽について語りたい

唐突に、「ゲーム音楽って最高!」と思った。 経緯としては、来月札幌で行われるすぎやまこういち氏率いる「東京都交響楽団」のコンサートに行くことになり、久々にドラクエなどゲーム音楽を耳にする機会が増えたことによる。ゲームにおいて印象深い作品はほ…

フジロックについての徒然書き

話は6年前、2009年の夏のことだ。 イベント会場での警備アルバイトで大学生ながらサブチーフとして働いていた彼は、手っ取り早くまとまったお金を楽しく稼ぎたいからと、人生初めてのフジロックに足を運んだ。もちろん、セキュリティの人間として。 当地に着…

Homecomings『HURTS』

Homecomingsの『HURTS』を聴いた。すばらしい。リリースされてから何度も聴いてる。今回のアルバムは以前よりも感傷的で激しい。聴きながらその理由をずっと考えていた。 彼女たちは想像以上にハングリー精神を持っているバンドだったのかもしれない。あるい…

EVISBEATSとPUNCH&MIGHTY「夜風に吹かれて」

www.youtube.com EVISBEATSとPUNCH&MIGHTYの「夜風に吹かれて」が良い!という話がようやくできる。去年の夏頃、大阪味園ユニバース(最高にエキゾチックなライブハウスだ!)でのイベント、愛と誠でEVISBEATSが出た時には既にあったこの曲。僕はこのライブ…

the chef cooks me『RGBとその真ん中』

the chef cooks meが今年2月にリリースしたニューシングルのレビューです。かなり時間が経ってしまいましたが、今からでも聴くきっかけになれば。これからものんびりやっていこうと思います。

2015年上半期ベスト by 月の人

順位はかなり僅差なんで年間でひっくり返ることが大いにありそうです。しかし1位はなんか抗えないエネルギーを放っていて、心の中で自然とその座についていました。下半期は去年の個人的上位だった、Base Ball Bear、パスピエ、もしかしたら赤い公園やきのこ…

Froth「Postcard Radio」

www.youtube.com LAの4人組サイケデリック・ガレージロックバンド。彼らが5/19にリリースした2ndアルバム。これがすごくよかった。 Bleak アーティスト: Froth 出版社/メーカー: Burger Records 発売日: 2015/06/02 メディア: CD この商品を含むブログを見る…

何度でもはじまる/フジファブリック @ 福岡DRUM LOGOS

昨年9月リリースされたアルバム『LIFE』、それに伴う秋のツアー、そして11月の初の単独武道館公演。このタームでフジファブリックは10年間のこれまでの歴史を引き受けて進むことを静かに、改めて強く表明したのだと思う。その次なる一手が、久々に全国のライ…

Couple「きみに言わない」

2014年、僕らが出逢ったのはよく晴れた春の日だった。くたびれたレコードショップ­の店内BGMが気になったので店長に尋ねると、彼はこう答えた。「この曲を尋ねられる­のは今日で3人目だよ。あとの2人も君と同じ歳くらいの男の子と女の子だったね。ほら­、今…