読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CICADA「formula」

昨年ごろからか、バンドマンや音楽好きな人のみならず、普段ジャニーズなどのアイドルソングやアニソンしか聴いていないような友人にもCICADAをオススメしている気がする。そうした友人のなかから、ふっとこういう指摘をされたことがある。 「CICADAってSchoo…

パノラマパナマタウン「シェルター」

パノラマパナマタウンは神戸出身の四人組のオルタナティヴロックバンド。RO69JACKでグランプリに輝き、夏のROCK IN JAPAN FESに出演。その後MASH A&Rでもグランプリを獲得し、現在様々なフェスに出演・精力的に活動している。 事務的な紹介はここまで。この…

雨のパレード「You」

雨のパレードの楽曲には「とにかく美しくて透明感がある」、そんなイメージがある。「You」は彼らの最新シングルの表題曲である。 彼らの魅力はまずサウンドにある。ドラムひとつとっても単なるドラムセットではなく、様々な打音、アナログからシンセサイザ…

焚吐「ふたりの秒針」

今年の5月に発売したこの「ふたりの秒針」はシンガーソングライター焚吐の二枚目のシングル。アニメ『名探偵コナン』のエンディングテーマとして流れていたので、聞いたことがある人も多いのではないだろうか。 そもそも焚吐とは?という方のために少し紹介…

Galileo Galilei「ウェンズデイ」

いやいや、これをやるか……と思わずにはいられないMVだ。元ネタを言い当てられるわけではないけど、それこそ00年代後半から10年代初頭におけるインディーロックを、彼らなりに咀嚼した上で、より純度を高めたような印象を抱いた。彼らと実際に交流のある元The…

BUGY CRAXONE「たいにーたいにー」

去年アルバムがリリースされてからも事あるごとに言ってた気がするけど、その甲斐があったのか(←そんなわけない)、それとも彼ら自身がこの曲を良く思っていたのかついにMVが公開された。何はともあれ聴いてみて欲しい。音楽の嗜好は人それぞれだから、あな…

王舟「Moebius」

え、これ、宅録なの?まじか!言われてみればどこか籠もってるような……と思わないこともないけど、言われないとわからないよ。宅録という概念が覆されるような。スチールドラムまで鳴ってるし。 ディスコでありながらダークな雰囲気が、どこか90年代のJ-POP…

花澤香菜「透明な女の子」

今までクラムボンのミト、シンバルズの沖井礼二、カジヒデキ、やくしまるえつこ、Base Ball Bearの小出祐介、NONA REEVESの西寺郷太、北園みなみ等が関わってきた花澤香菜。今度は空気公団の山崎ゆかりが参加!人選がひたすらわかっていて怖いほど。ここまで…

スガシカオ「大晦日の宇宙船」

スガシカオが約6年ぶりに新作をリリースした。アルバムタイトルは『THE LAST』で、小林武史がプロデュースしている。ただし、サウンドプロデュースというよりも、スガシカオがどこへ向かえば良いのかを導くようなトータルプロデュースの立場とのこと。 ナタ…

POP ETC「Please, Don't Forget Me」

うわーいいぞー!本当にずっと、それこそ2013年くらいからアルバムを待ち続けていたのに、なぜかGalileo Galileiや木村カエラあたりで名前が出てたPOP ETCがついにアルバムを。The Morning Bendersからだと4枚目、POP ETCとしては2枚目。4年ぶり。本当に長か…

入江陽「おひっこし」

すごっ。なんだろう、このFlying Lotus感は。2016年もceroが切り開いたブラックミュージックの潮流が日本でも進められるかはまだわからないけど、でも確実に2015年が終わり2016年がはじまったことを実感させられるような。そんな音がする。 編曲のTeppei Kak…

Tempalay「made in Japan」

なんか全然違うと前置きした上ででテレフォンズを思い出した。いや音楽性はひとつも重ならないんだけど、1stアルバムのタイトルが『from JAPAN』でリードトラックが「made in Japan」という部分だけなんだけど(テレフォンズの1stは『JAPAN』だったのね)。…

サニーデイ・サービス「苺畑でつかまえて」

どう書いていいのかがわからないけど、馬鹿みたいにすばらしい。リズムセクション、つまりはドラムが本当に良い。これは打ち込みが混ざっているのだろうか?よくわからないけど、おそろしく気持ちいいリズム。それがメロディを支えている。 自分はサニーデイ…

David Bowie「Blackstar」

このブログは元々ニュースを扱うつもりはなく、先週イエモンの再結成の噂が出ていた中、大手メディアは発表側として沈黙していたので、なんとなく情報をまとめたのがきっかけだった。そしたら今週はASKAが手記を公開し、David Bowieが逝去するという事態。最…

蓮沼執太「Raw Town」

ああ、すごくいい。すごくいい!先行公開された「起点」もそうだけど、2013年の蓮沼執太フィルよりもずっと肉体的。当たり前か。名義違うし。でもなんだろ、以前とは目的としているところが違うような。もし仮に『時が奏でる』が頭とか理屈とか論理で作った…

Kero Uno「Princess Diamond」

突き刺さるわけではないけどやたら気持ちいいというか、言い方は悪いけど、毒にも薬にもならないような。とか書くと全然良くないように聞こえるけど、フォーマットとしては全然旬ではなく、むしろ使い古されている。にもかかわらず抗えない良さがあるという…

CICADA「Naughty Boy」

このブログでお馴染み、草野さんの年間ベストアルバム記事を読んでいて、他にも数名このアルバムのことを書いている人がいて、それでiTunesで視聴したら気に入ってしまった。最初は渋谷系のようなおしゃれなジャズ〜R&B的なバンドだと思ったが、聴いていると…

Ropes「dialogue」

2013年のRopesの1stアルバム『usurebi』は個人的にずっと愛聴していて、特に「SNOW」という曲を偏愛しすぎていたのだが、それが過ぎたせいか昨年出た2ndアルバム『dialogue』は馴染めず放置していた。それが昨年の暮れ、あまりに忙しすぎて半ばノイローゼ気…

ぼくのりりっくのぼうよみ「CITI」

個人的にはレコード会社がやたら宣伝を仕掛けてる印象があって、おまけに公式twitterアカウントが「ぼくりり」「ぼくのりりっくのぼうよみ」について、ネガティブなものを含むツイートをやたら「いいね!」してくるので最初は嫌いになってしまった。思わずブ…

Hiatus Kaiyote「Breathing Underwater」

様々なメディアの年間ベスト記事を読み漁っていると、このオーストラリアの非黒人メンバーで構成されるバンドによるブラックミュージックがやたら取り上げられていて、いまさらながら驚いた。 個人的には2010年代のブラックミュージックは、Daft Punkの『Ran…

POLLYANNA「Wandering on the satellite」

2015年10月21日、僕はTSUTAYA O-WESTに来ていた。沖井礼二と清浦夏実によるバンド、TWEEDEESと北川勝利(ROUND TABLE)のツーマンライブを見るためだ。この2組のサウンド面を担う沖井礼二と北川勝利がデビューしたのは1990年代後半、彼らの奏でる音楽は一般…

神田智子/Ella Fitzgerald & Louis Armstrong「Tenderly」

”CMだいすき”を標榜する私が今お伝えしたいトピックといえば、水原希子さんを起用したEDWIN SOMETHINGのスペシャルムービーが、9月10日より公開されています。画像共有SNSでのひと騒ぎなんて露ほども気にしないような、水原さんの堂々たる魔女ぶりが素晴らし…

MONOEYES「Run Run」

www.youtube.com 細美武士率いるMONOEYESの1stアルバム『A Mirage In The Sun』より。プログレ、エクスペリメンタル色の強いハイエイタスと比べるとロック寄り。多分、誰もが思うことだろうが、やはりELLEGARDENに近いと思う。細美武士がどういう意図でエル…

ぱいなっぷるくらぶ「finderrr」

www.youtube.com トレイラーなので視聴しにくいかもしれないけど、iTunesやアップルミュージックに置かれているので。 昨年のJINTANA & EMERALDSに引き続き、また南国っぽさが溢れる盤が出てきたなーと思っていたら、トルネード竜巻のなかまきこ、you & me t…

Froth「Postcard Radio」

www.youtube.com LAの4人組サイケデリック・ガレージロックバンド。彼らが5/19にリリースした2ndアルバム。これがすごくよかった。 Bleak アーティスト: Froth 出版社/メーカー: Burger Records 発売日: 2015/06/02 メディア: CD この商品を含むブログを見る…

Couple「きみに言わない」

2014年、僕らが出逢ったのはよく晴れた春の日だった。くたびれたレコードショップ­の店内BGMが気になったので店長に尋ねると、彼はこう答えた。「この曲を尋ねられる­のは今日で3人目だよ。あとの2人も君と同じ歳くらいの男の子と女の子だったね。ほら­、今…

White Rain「Mine No More (feat. Nieve)」

韓国/ソウルのジャズピアニスト、White Rainが作るピアノ・ヒップホップアルバム。Jazz Hip-Hop、Mellow Hop-Hop、New Age、Ambientを扱う韓国のレーベル、Mellow Museからのリリース。MCとしてNieve(Fly Coast)、Adikkal(LHA)、Marchitect(The 49ers…

PIZZICATO ONE「私が死んでも (feat. おおたえみり)」

私が死んでも (feat. おおたえみり) PIZZICATO ONE J-Pop ¥250 provided courtesy of iTunes アルバムも本当にすばらしかった。歌を中心に据えた音数の少ないアレンジのおかげで、小西さんの曲の良さが際立っていた。「何をいまさら」と言われそうだけど、小…

geek sleep sheep「kaleidoscope」

www.youtube.com MVが3月に公開されて、アルバムが既にリリースされているので、「いまさらかよ!」と言われそうだけど。L'Arc-en-Cielのyukihiro、MO'SOME TONEBENDERの百々和宏、凛として時雨の345からなる3ピースバンド、geek sleep sheepの2ndアルバム『…

NOT WONK「Laughing Nerds And A Wallflower」

つい先日、出掛けの用事があり、そのついでといってはなんだけど楽しみにしていたCDを買いに行った。 「WHILE WE'RE DEAD.」- THE FIRST YEAR - アーティスト: VARIOUS ARTSITS 出版社/メーカー: KILIKILIVILLA 発売日: 2015/04/22 メディア: CD この商品を…

4TE「一歩ずつ」

www.youtube.com 今日紹介したいのは、アメリカ人の女の子4人組で結成された、4TE(フォルテ)というJ-Popグループです。それぞれ違う州に住んでいるメンバーはJ-Popが大好きでJ-Popシンガーを目指して、メンバーの4人がネットを通じて出会いました。スタッ…

Perfumeという価値観への脱構築/Perfume「Pick Me Up」

今ではPerfumeの楽曲を楽しめるようになった私ではあるが、デビュー当時の彼女たちはあまり好きではなかった。いや、正確に言えば「楽曲、そして、それに合わせて完璧に踊る彼女たちがあまり好きではなった」と言った方がいいかもしれない。 私が初めて彼女…

tofubeats「STAKEHOLDER」

tofubeatsが4/1にリリースする3rd EP『STAKEHOLDER』の表題曲。tofubeats、なんてめんどくさいんだ!「STAKEHOLDER」は日本語で「出資者」を意味し、tofubeatsは《君と利害関係したい》と歌う。これは彼なりのラブソングなのである。つまり彼は「君が好き」…

lyrical school「ゆめであいたいね」

www.youtube.com 正直に言うとリリスクの新作『SPOT』はまだ買っていない。前作『date course』が好きすぎて、新作の本格的なヒップホップ路線に個人的にまだついていけていないのだ。印象をガラリと変えることはもちろんリスクを伴う。でも長い目で見ると結…

Galileo Galilei「恋の寿命」

Galileo Galileiの新曲「恋の寿命」が良い。 最近の(といっても2年ほど前からの話だけど)Galileo Galileiは本当にずっと良い音楽を届けてくれている。インディポップ愛が詰まった傑作『ALARMS』、歌がより響いてくるようになった『SEE MORE GLASS』。この2…

Toro y Moi「Buffalo」

トロ・イ・モワ(Toro y Moi)が4/8にリリースされる4thアルバム『What For』に収録の新曲。ずいぶん書くのが遅くなったけどやっぱりいいので。 ホワット・フォー? アーティスト: トロ・イ・モワ 出版社/メーカー: Hostess Entertainment 発売日: 2015/04/08…

吉井和哉「(Everybody is)Like a Starlight」

www.youtube.com 吉井和哉が3/18にリリースするニューアルバム『STARLIGHT』より「(Everybody is)Like a Starlight」がすごく良かったので。オリジナルアルバムとしては約4年ぶり。本当に長かった。 STARLIGHT (初回限定盤)CD+DVD アーティスト: 吉井和哉 出…

Shakti with John Mclaughlin「Mind Ecology」

サラーム海上のラジオでかかってた。NHK FMの音楽遊覧飛行。その中で紹介されたインド音楽ユニット=シャクティが、ジャズギタリストのジョン・マクラフリンを迎えて作られた1977年発表の『Natural Elements』収録の1曲目。タブラ、ムリダンガム、ガタムとい…

サザンオールスターズ「アロエ」

サザンオールスターズが3月31日に10年ぶりにリリースする15枚目のオリジナルアルバム『葡萄』のオープニングトラック。 葡萄 (完全生産限定盤B) アーティスト: サザンオールスターズ 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント 発売日: 2015/03/31 メディ…

Annett Louisan「Drück Die 1」

お初に投稿させていただきます。ずっと読んでいたのですが今回やっと書いてみる決意をしました。よく聴いているのはロックやポップスなのですが今回は名刺代わりにちょっと変わり種のご紹介を。表題にも書いた通りドイツのシンガーをご紹介。 Annett Louisan…

BUGY CRAXONE「ナイス・ナイス・ナイス」

少し時間が経ってしまったけど、BUGY CRAXONEから届いた「ナイス・ナイス・ナイス」のMVがよかったので。 ちなみにこの曲が収録されたアルバム『ナポリタン・レモネード・ウィー アー ハッピー』から半年経っている。ツアーやイベントの発表に合わせて、リリ…

槇原敬之「Fall」

単純に接点がなくて今まで聴くことがなかったのですが、これは超かっこいい! Earth, Wind & Fireの「Boogie Wonderland」を感じさせるリズムとテンポ感を、伸びやかに歌い上げる歌声、そしてどこか狂おしいストリングス。ディスコというよりもファンク、R&B…

FANGCLUB『FANGCLUB EP』

FANGCLUB EP by FANGCLUB 私の自己紹介エントリやマンスリーベストトラックでもプッシュしている、アイルランドはダブリンの3ピースパンクバンド、FANGCLUBが自身初となるEP『FANGCLUB EP』をリリースしました。name your price。 楽曲をリリースする度に元…

花澤香菜「こきゅうとす」

www.youtube.com この組み合わせ、絶妙すぎ!あと、かわいすぎ! 12/24にリリースされる花澤香菜の7枚目のシングルのMVです。やくしまるえつこが曲だけではなく、MVやアートワークに至るまでトータスプロデュースしたとのこと。 こきゅうとす(初回生産限定盤…

BUGY CRAXONE「ナポリタン・レモネード・ウィー アー ハッピー」

www.youtube.com アルバムのリリースが6月で、MVの公開が10月なので、この記事の意義は?と言われかねないけど、言ってしまえばただのエコひいきであり自慢です。実は本日11/21、ブージーのライブを観に行くのね。彼らのホームタウンこと札幌のCOLONYで。去…

The Kooks「See Me Now」

www.youtube.com 「おもしろいかも」と思うのは、自分がポップミュージック大好き人間だから。イギリスのロックバンド、The Kooksが今年8月にリリースされた4枚目のアルバム『Listen』収録曲です。このMVは11/14公開された。東京が映しだされているけどあま…

the peggies『good morning in TOKYO』(trailer)

「すごいものを見たのかもしれない」 そう感じたあの日、売れるかどうかよりも、彼女たちの曲がどんな人たちに届くのか知りたくなった。そんなthe peggiesの1stアルバム『goodmorning in TOKYO』が11/19にリリースされる。

JUCE!「Burnin' Up」

ヤバい。完全にツボ!最高すぎる! JUCE!はロンドンを拠点に活動するGeorgia、Chalin、Cherishのガールズ・レトロポップ・ユニット。11/7にリリースされたEP『Taste the JUCE!』に収録。iTunes Storeだと5曲500円で買えるのですごくリーズナブル! 昨年アル…

GRAPEVINE「empty song」

www.youtube.com SPEEDSTAR RECORDS移籍後の最初のシングル。 Burning tree (通常盤) アーティスト: GRAPEVINE 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント 発売日: 2015/01/28 メディア: CD この商品を含むブログ (4件) を見る そのせいなのかか初々しい…

チームしゃちほこ「シャンプーハット」

ゲスの極み乙女。/indigo la endの川谷絵音が作詞と作曲を手がけた、チームしゃちほこの新曲。ゲスの曲によく登場するラップのような早口フレーズをアイドルに歌わせると、ちょっと舌足らずで可愛くなるんですね!その一方で、メロディーのキャッチーさはイ…